NEW

JRAサトノ里見治氏に「英国デビュー」計画! 1億8000万円のディープインパクト産駒が「英国最強厩舎」から英ダービー挑戦へ

【この記事のキーワード】, ,
satonodaiyamondotakaraduka.jpg所有馬の代表格サトノダイヤモンド

 この春、サクソンウォリアー(牡3歳、愛・A.オブライエン厩舎)が英2000ギニー(G1)を勝ち、スタディオブマン(牡3歳、仏・P.バリー厩舎)が仏ダービー(G1)を優勝するなど、日本という枠を超えて世界に「衝撃」を与えたディープインパクト

 その種付け料は、世界最高額となる4000万円。それでも世界最高峰のブリーダー、アイルランドのクールモア・グループが、英牝馬2冠を達成しG1・7勝を上げたマインディングや、昨年の英愛1000ギニーなどG1・4勝のウィンターなどを派遣するなど、今や世界中のホースマンがディープインパクトの種を求めて日本を訪れている現状だ。

 そういった中、日本人オーナーからもディープインパクトの仔で世界の競馬に挑戦する者が現れた。「サトノ」の冠名で有名な里見治氏だ。

 里見氏は今年7月に行われたセレクトセールで、1億8000万円で競り落としたドバウィハイツの2017を英国のマイケル・スタウト厩舎に預託する可能性を示唆。『スポニチアネックス』の取材に「なんとか、現地で調教したディープの仔でチャレンジしてみようと思う」と今後の展望を語っている。

「日本で圧倒的な成績を残しているディープインパクト産駒ですが、海外、特に凱旋門賞(仏G1)などを始めとする欧州に遠征した場合、苦戦を強いられています。

無論、世界のレベルが高いという前提はありますが、その一方で今年はサクソンウォリアーやスタディオブマンといった『現地で調教されたディープインパクト産駒』がG1を勝利。その結果、業界の関係者からも『日本馬が欧州で勝てないのは、日本で勝つための調教しかしていないからだ』という声が聞かれるようになりました。

JRAサトノ里見治氏に「英国デビュー」計画! 1億8000万円のディープインパクト産駒が「英国最強厩舎」から英ダービー挑戦へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA武豊「G1・9勝馬弟」と急遽新コンビ決定!好条件で一発を期待されるレジェンドが持つ「ある不名誉な記録」とは
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!
  5. JRA【東海S(G2)予想】福永祐一不在のオーヴェルニュは迷わず切り! 「単勝万馬券」級の穴馬の激走で高配当を狙う!
  6. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  7. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? 「矛盾」するJRA賞結果にファンの非難殺到…戸崎圭太「約10億円」超豪華な裏切り【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  9. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  10. JRA 尊敬する先輩・福永祐一から団野大成へバトンタッチ。年明け早々、ライバル同期が次々と重賞勝利する中、オーヴェルニュを勝利に導けるか