NEW

JRA最強牝馬アーモンドアイ「妹」登場! 異なる父系でも期待値MAXな理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA最強牝馬アーモンドアイ「妹」登場! 異なる父系でも期待値MAXな理由の画像1

 デビューに向けて、馬産地である北海道から2歳馬たちの移動が続々と始まっている。例年になく今年の本州は連日の猛暑に見舞われ、サラブレッドにとっても厳しい夏が続いている。そのような環境の中、夏負けして熱中症気味の馬も珍しくない。

 そんな中、今週末、1頭の注目馬がデビュー予定だ。そう、今春の牝馬2冠(桜花賞・オークス)を制したアーモンドアイの妹がベールを脱ぐ。ノーザンファーム系一口馬主クラブ、シルクレーシングのユナカイト(牝2歳 美浦・木村哲也厩舎)だ。

 巷では「名だたる名牝ウオッカ、ダイワスカーレット、ブエナビスタ、ジェンティルドンナをも凌ぐ怪物」とさえ囁かれ始めているアーモンドアイ。一口クラブ界隈では、母の産駒成績も出資に至る重要なファクターとされているが、同クラブでのアーモンドアイの募集時は、G1馬の母フサイチパンドラではあったが、ロードカナロア産駒ということもあり、馬体の良さは目立ったものの、母の産駒の成績も芳しくなかったため500口募集とさほど人気・注目を浴びる存在ではなかった。しかしその注目度とは裏腹に、デビュー戦こそ2着と取りこぼしはしたものの、未勝利戦を勝ち上がると、長期の休み明けで出走した牡馬混合戦のシンザン記念(G3)を別次元の末脚で快勝。そしてその勢いのまま、「女の子にライバルはいません」と言わんばかりに牝馬クラシックG1 桜花賞、オークスをあっさりと獲得してしまった。

 姉と同様の活躍を期待してしまうのが世の常だが、血統構成を見ると、2冠馬の姉の父は、今や万能型とも言われる種牡馬、Mr.Prospector系のロードカナロア。対して妹のユナカイトの父は、Storm Cat系のヨハネスブルグと大幅に変わった。ヨハネスブルグ産駒は、2013年から本格的に日本でデビューしてから、ホウライアキコやネロなど、芝・ダート問わず、短距離でかなりの成績を収めている。もしかすると姉アーモンドアイとは趣を変え、短距離が主戦場になるかもしれない。

JRA最強牝馬アーモンドアイ「妹」登場! 異なる父系でも期待値MAXな理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!