NEW

【レパードS(G3)展望】3度目の正直となるか!? グレートタイムが待望の重賞初制覇に挑む!

【この記事のキーワード】, ,
【レパードS(G3)展望】3度目の正直となるか!? グレートタイムが待望の重賞初制覇に挑む!の画像1

 新潟競馬場今週のメインレースはレパードS(G3)。3歳馬限定のダート重賞は数が少なくフルゲートによる争いとなりそうだ。過去の優勝馬にはホッコータルマエなどダート重賞で活躍した馬が多数おり、これからのダート戦線で活躍を目指す3歳馬にとっての登竜門となるレースである。

 注目は初の重賞制覇を目指すグレートタイム(牡3、栗東・藤原厩舎)となるだろう。デビューから8戦しているが、掲示板以下の成績がない安定感を誇るダート巧者。2走前のユニコーンS(G3)ではルヴァンスレーブに離されはしたものの、馬群をさばきながら末脚を伸ばし2着を確保。前走のジャパンダートダービー(G1)でもルヴァンスレーブに敗れて3着となったが、0.3秒差と着差は縮めてきている。勝ち切れないレースも多いが馬場状態、位置取り、レース展開に影響されず常に自分の競馬を出来ていることが安定した上位争いに繋がっている。近2走の重賞挑戦の結果からも世代屈指の実力があるのは間違いなく、3度目の重賞挑戦となる今回は、初めての重賞制覇の最大のチャンスとなりそう。ここで勝利することができれば2010年のこのレースの勝ち馬である母との親子制覇の偉業となる。

 実績面では引けを取らないドンフォルティス(牡3、栗東・牧浦厩舎)は、前走からの巻き返しを狙う。前走のジャパンダートダービー(G1)では2番人気となるも休養明けのレースとなったことが影響したのか、伸びを欠いて6着と惨敗した。それでも北海道2歳優駿(G3)を勝利しているメンバーでは唯一の重賞勝ち馬で、2走前の伏竜S(OP)では現時点での世代最強のルヴァンスレーブに勝利するなどその能力は間違いなく上位の存在。また2戦2勝と結果を出している1800m戦への条件変わりはプラス材料となりそうだ。最大のライバルが不在となるここでしっかりと結果を出し、今後のダート戦線の主役候補になることはできるだろうか。

【レパードS(G3)展望】3度目の正直となるか!? グレートタイムが待望の重賞初制覇に挑む!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  2. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  5. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  8. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  9. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  10. JRA今村聖奈「裸同然」48キロのレコードV! 女性騎手として重賞初体験で勝利も…CBC賞(G3)「コンクリート化」馬場には“ヤリ過ぎ”の声