NEW

小倉記念(G3)は「400円」で「穴馬券」狙い! 強力「関係者情報」で混戦必至ハンデ重賞の攻略に挑む!!

【この記事のキーワード】, ,
小倉記念(G3)は「400円」で「穴馬券」狙い! 強力「関係者情報」で混戦必至ハンデ重賞の攻略に挑む!!の画像1

「現場情報至上主義・ジェームスT」が挑んだ先週のクイーンS(G3)は、ズバリ「2点」で的中! ソウルスターリングへの「来ても3着まで」という強気の決断が功を奏し◎ディアドラ→〇フロンテアクイーンの馬単をゲットした。

 高配当にはならなかったが「厚く張る」ことで、まずまずの利益を得ることに成功。この調子で連勝記録を伸ばしていきたいところ。今週は5日に開催される小倉記念(G3)。有力「現場」情報から選んだ◎○▲△で三連複「4点」勝負を決行したいと思う。

 本命「◎」に選んだのは、小倉大賞典(G3)勝ち馬トリオンフ(セ4、栗東・須貝厩舎)だ。

 昨年から今年にかけて3連勝を飾り、その勢いで小倉大賞典(G3)を制覇。後続を寄せ付けない完勝劇を演じてみせた。

 初のG1挑戦となった大阪杯は8着に敗れたが、続く新潟大賞典(G3)は4着、前走の鳴尾記念(G3)でも2着に入るなど安定した結果を残している点は魅力。陣営の勝負気配も高いココは問答無用の◎だ。

「近走で崩れたのは出遅れが響いた大阪杯のみ。この結果は度外視してもいいだろう。2走前の新潟大賞典も馬券圏内を逃したけど、大外を回るロスがあったからね。それでも4着に入るんだから力はあるよ。

陣営も『暑さは気にしないしデキもいい。今後に向けて確実に賞金を加算したい』とココへの意気込みは相当。ゲートに不安がある馬だけど、スタートが上手い豊さん(武豊騎手)を早めに確保するなど準備は万全だね。小倉も3戦して2勝・2着1回と相性は抜群。問答無用の主役候補でしょ」(競馬関係者)

 相手筆頭「○」は七夕賞(G3)で2着と好走を見せたマイネルサージュ(牡6、美浦・鹿戸厩舎)だ。

 2走前の福島民報杯(OP)では強烈な末脚を披露。上がり最速を記録しての快勝だった。続く七夕賞は惜しくもクビ差で敗れたが、自身の持ち味は存分に発揮。地力の高さを見せつけた。勝ち馬となったメドウラークと同ハンデで臨めるココは、逆転も十分にあるだろう。

小倉記念(G3)は「400円」で「穴馬券」狙い! 強力「関係者情報」で混戦必至ハンデ重賞の攻略に挑む!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1武豊、事実上「降板」の可能性も……ノーコントロールで大暴走「あの有力馬」が福永祐一騎手と新コンビで暮れのG1出走へ
2 C.ルメール「単勝1.7倍」のドン詰まりに大ブーイング!? 行く先々で“前が壁”…近親に二冠牝馬を持つ良血馬がまさかの不完全燃焼
3ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?
4武豊もベタ惚れ「世界のダート王」の忘れ形見に超プレミアの予感!? コントレイルの近親は一瞬で満口……絶好調「DMM×矢作芳人厩舎」が示した先見の明
5【ジャパンC(G1)予想】ダービー馬シャフリヤールはバッサリ切り! コントレイルとの間に割って入る「人気の盲点」を発見!
6JRA武豊「痛恨アクシデント」で恨み節!? 京都2歳S(G3)1番人気トゥデイイズザデイ「痛かったです」クラシックへ黄色信号
7桜花賞グランアレグリア、優駿牝馬ラヴズオンリーユー、秋華賞クロノジェネシス「合計G1・13勝」伝説になった2019年牝馬三冠の激闘! 一方「牡馬」は……
8ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
9元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
10プリンスリターン元主戦・原田和真いよいよ干された!? 約2年ぶり復活勝利から3騎手で3連勝「騎乗数激減」は当然の結果?