NEW

JRA福永祐一「チェンジ」!? アスターペガサス小崎綾也「2戦2勝」でサヨナラの理由は明白?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA福永祐一「チェンジ」!? アスターペガサス小崎綾也「2戦2勝」でサヨナラの理由は明白?の画像1

 函館2歳S(G3)でライバルたちを蹴散らし、今世代最初の重賞勝ち馬となったアスターペガサス(牡2歳、栗東・中竹和也厩舎)。鞍上の小崎綾也騎手もこの勝利で重賞初制覇を達成し、若きコンビには今後も大きな期待がかけられていた。

 しかし、アスターペガサスは次走で福永祐一騎手と新コンビを結成し、京王杯2歳Sへ向かうと発表された。これまで2戦2勝、うち重賞制覇が1回。負けたならばまだしも、勝ったにもかかわらず乗り替わりとなることについて、多くのファンから「これは悔しいだろうな」など小崎騎手に同情的な声が寄せられている。

「アスターペガサスが次走に予定している京王杯2歳Sは、東京競馬場で開催されます。ですが、栗東所属の小崎騎手は東京競馬場では勝利はおろか出走経験すらもありません。この乗り替わりには『非情』との声も上がっていますが、小崎騎手と福永騎手では関東の競馬場での経験に雲泥の差があります。そのため、京王杯2歳Sに向かい、勝利を優先するのならば福永騎手が選ばれるというのも一定の理解を示せます」(競馬記者)

 経験の無さで、お手馬を失うことになってしまった小崎騎手。だが彼の手元にアスターペガサスが戻ってくる可能性はまだ残されているという。

JRA福永祐一「チェンジ」!? アスターペガサス小崎綾也「2戦2勝」でサヨナラの理由は明白?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!