NEW

JRA和田竜二「テイエムオペラオーと再会」 17年ぶりG1制覇でついに......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月17日に心臓麻痺により急逝したテイエムオペラオー。その主戦を務めた和田竜二騎手が公式Twitterで同馬の「お墓参り」をしたことを明かし、大きな反響を呼んでいる。

「オペさん勝ったよー」とツイートして、墓石の写真をアップした和田騎手。ファンからは「朝から涙腺が緩みました」「再会ですね!」「天国で喜んでると思います!」などの温かいコメントが寄せられている。

 2000年に年間無敗のグランドスラムを達成するなど「この馬がいなければ、今の自分はない」と述べるほど、和田騎手にとって掛け替えのない存在だったテイエムオペラオー。

 そのテイエムオペラオーの訃報を知った際に和田騎手は

「昨日のことのようにあなたの背中の感触があります。
心がえぐられるような悲しみが襲ってきます。」

「まだまだ私は走ります。
あなたのように速く強くなりたいから...
ご冥福をお祈りいたします。」(原文ママ)

などとTwitterで綴り、人馬の絆の深さは多くのファンに知られていた。

 突然の死去から約1カ月後に行われた宝塚記念(G1)で、和田騎手は7番人気のミッキーロケットで17年ぶりにG1制覇を達成。レース後、「この一戦にかける思いは強かった。オペラオーが後押ししてくれた」と語り、「僕は若いつもりでいたけど、さすがに長すぎる。勝って報告したいと思っていた。胸を張って行ける」と"再会"を約束していた。

 ついにG1制覇を成し遂げての再開を果たしたテイエムオペラオーと和田騎手。ふたりはなにを語り合ったのだろうか?

JRA和田竜二「テイエムオペラオーと再会」 17年ぶりG1制覇でついに......のページです。GJは、競馬、JRAテイエムオペラオー和田竜二の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!