NEW

JRA「不可解シンガリ負け」ストロングタイタンの敗戦理由……心配の声殺到も……

【この記事のキーワード】, ,
JRA「不可解シンガリ負け」ストロングタイタンの敗戦理由......心配の声殺到も......の画像1

 8月5日(日)に開催された小倉記念(G3・芝2000m)は、武豊騎手が騎乗するトリオンフ(セ4、栗東・須貝尚介厩舎)が優勝。一番人気にみごと応え、2着に2番人気のサトノクロニクル、続いて5番人気のマウントゴールドが入線した。

 人気上位に推されていた馬での決着となったレース。だが、その一方で4番人気に推されていたストロングタイタンは12着と大差での殿負けを喫している。

 短期免許で来日している豪州でトップクラスのB.アヴドゥラ騎手が騎乗することでも注目を集めていたストロングタイタン。レースでは道中は5番手につけて機をうかがっていたものの、勝負どころであるはずの4コーナー手前で大失速。最後方にまで下がってしまい、そのままレースを終えてしまった。

 不可解な敗戦を喫したストロングタイタンだが、レース後に所有するシルク・ホースクラブがTwitterで「心房細動を発症しました」と大差負けは、故障が原因だったと明かした。だが、大事には至らず、「鞍を外し歩いて厩舎へ戻りました」と発表している。

 心房細動は、一時的に規則正しいリズムを失う心臓発作の一種。レース中に発症すると急激にスピードは低下するなど大きな影響を与えることにもなるという。健康な馬であっても発症することがあり、その予測は困難を極める。だが、発症した馬は特に治療を行なわなくても治癒することが多いそうだ。

 ストロングタイタンも歩いて厩舎へ戻ったと伝えられているため、大事には至らないのではないかと考えられる。

 大一番で不運に見舞われてしまったストロングタイタン。次走では今回のうっぷんを晴らすかのような走りに期待したい。

JRA「不可解シンガリ負け」ストロングタイタンの敗戦理由……心配の声殺到も……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち