NEW

JRA菊花賞「本命候補」出現にルメール騎手も迷う!? 超大器グロンディオーズ、昨年キセキが歩んだ「菊花賞ロード」爆進!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA菊花賞「本命候補」出現にルメール騎手も迷う!? 超大器グロンディオーズ、昨年キセキが歩んだ「菊花賞ロード」爆進!の画像1

 後続をあっさりと引き離し、「大器」が秋の大舞台へ貴重な3勝目を手に入れた。

 4日に新潟競馬場で行われた信濃川特別(1000万下、芝2000m)は、2番人気のグロンディオーズ(牡3歳、美浦・田村康仁厩舎)が3馬身差の完勝。これで通算4戦3勝とし、秋のラスト一冠・菊花賞(G1)へ大きく前進した。

 12頭立てで行われたレースでグロンディオーズはやや出負けするが、鞍上のC.ルメール騎手が促すとすんなり好位に取りついた。逃げ馬を見るように3番手でピタリと折り合うと、1000m通過は60.8秒とまずまずのペース。そのまま最後の直線を迎えるまで、特に大きな動きはなかった。

 新潟外回りコースの長い直線を迎えると、逃げていたキークラッカーを交わして先頭に躍り出るグロンディオーズ。後続も必死に追い掛けるが、その差が詰まらない。管理する田村康仁調教師が「外回りコースは良いのではということで、外回りの2000mに使いました」と話した通り、そこから長くいい脚を使うと最後は3馬身差をつけて完勝した。

 この信濃川特別の昨年の勝ち馬は、後に菊花賞馬となるキセキ。それも本馬はキセキと同じルーラーシップ産駒と共通点は多い。それも本馬は兄に2500mの目黒記念(G2)勝ちのムスカテールがおり、如何にも3000mの菊花賞に向きそうなスタミナ十分の配合だ。

 陣営も鞍上のルメール騎手が「この馬は跳びが大きくてスタミナがあって、良いペースを維持できます。長い距離も問題ない」とベタ褒めすれば、田村調教師も「距離は長ければ長いほど良いです」と、秋の「大目標」はすでに決定済み。問題は、どこをどう使って本番に挑むかだ。

JRA菊花賞「本命候補」出現にルメール騎手も迷う!? 超大器グロンディオーズ、昨年キセキが歩んだ「菊花賞ロード」爆進!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!