NEW

JRA戸崎圭太騎手「ブチギレ騒動」に絶句!? 単勝1.8倍「暴走」後、大井の大先輩に逆ギレ……勝てない焦りか

【この記事のキーワード】, ,
JRA戸崎圭太騎手「ブチギレ騒動」に絶句!? 単勝1.8倍「暴走」後、大井の大先輩に逆ギレ......勝てない焦りかの画像1

 あの人格者が周囲の目も気にせずに礼を忘れてキレるほど、追い込まれているということなのだろうか……。

 5日に新潟で行われたレパードS(G3)は内田博幸騎手のグリムが勝利。好スタートから果敢にハナを切ると、そのまま鮮やかな逃げ切り。重賞初制覇を飾った。

 しかし、その一方でスタート直後に挟まれて位置取りを悪くし、本来の競馬が出来ないまま3番人気9着と惨敗したのが、戸崎圭太騎乗のアドマイヤビクターだった。

 レース後、「良い位置を取りにいこうとしたが、(他馬に)挟まれて流れに乗れなかった……」と肩を落とした戸崎騎手。これには馬券を買ったファンだけでなく、アドマイヤ軍団の総帥・近藤利一オーナーも相当お冠だったという。

 それにしても、現在関東リーディング首位をひた走る戸崎騎手らしくない、あまりにも不甲斐ない競馬……一体、何があったのだろうか。

「昨年は、終盤こそルメール騎手に突き放されたものの、171勝を上げリーディング争いを繰り広げていた戸崎騎手。ですが、今年は春に花粉症の影響もあって勝ち星が伸びず、ライバルに大きく差をつけられてしまいました。さらに得意の夏の新潟を迎えても、思うように勝てず、相当ストレスが溜まっていたとか……。

一方でルメール騎手は北海道で面白いように勝っていましたし、この週は新潟で戸崎騎手との”直接対決”で6勝と大暴れしていましたからね。戸崎騎手も面白くはなかったと思いますが、まさか『あんなこと』になるとは……」(競馬記者)

 ひと悶着あったのは9レースの燕特別(500万下、芝2200m)だ。

 このレース、戸崎騎手は単勝1.8倍と圧倒的な1番人気に推されたリビーリングで確勝を期していたのだが、大逃げを試みるも最後の直線で勝ち馬に捉えられて2着……痛恨の敗戦となった。

JRA戸崎圭太騎手「ブチギレ騒動」に絶句!? 単勝1.8倍「暴走」後、大井の大先輩に逆ギレ……勝てない焦りかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  5. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRA「あの馬がいたから今の自分がある」川田将雅の原点はマル外の短距離馬!? 当時6年目の若手がトップジョッキーになった「キッカケ」とは