NEW

【エルムS(G3)展望】真夏の札幌ダート決戦!秋の飛躍を目指す熱戦を制するのは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【エルムS(G3)展望】真夏の札幌ダート決戦!秋の飛躍を目指す熱戦を制するのは?の画像1

 今週末の札幌競馬場メインレースはエルムS(G3)となっている。今年の夏開催の古馬による中距離ダート重賞には抜けた存在はなく例年以上の混戦となりそうだ。出走各馬にとっては秋にJRAでの初開催となるJBCにいい形で向かうためにもここで結果を残しておきたいレースとなりそうだ。

 重賞初挑戦ではまさかの結果に終わったハイランドピーク(牡4、美浦・土田厩舎)が勝利を狙う。初茜賞(1000万下)を単騎で逃げると最速のアガリも記録して2着馬に10馬身差の圧勝。続く上総S(1600万下)も好スタートから先頭に立つとまたしても最速のアガリを使って5馬身差の快勝だった。圧倒的な強さで勝ち上がったため、初めての重賞挑戦ながら1番人気で臨んだマーチS(G3)だったが、スタートで後手を踏むと後方からの競馬となる苦しい展開。結局そのまま後方を追走するこれまでとは全く違う内容となり、本来の力を出し切れないまま9着に敗れてしまった。夏のクラス再編で降級した灘S(1600万下)はスタートをしっかりと出ると、好位に取り付き安定したレースぶりで完勝。前走のマリーンS(OP)では完全に本来の形を取り戻し、逃げる競馬を見せるとハイペースの流れながら2着に粘りこんだように自分の形に持ちこんだ時には確実に好走している。2度目の重賞挑戦となる今回こそはしっかりと自分の競馬をして結果を残したいところだろう。

 昨年のエルムS(G3)を制しているロンドンタウン(牡5、栗東・牧田厩舎)は連覇を目指しての出走となる。昨年は圧倒的な人気となっていたテイエムジンソクをマークする位置を取ると、直線の叩き合いに競り勝ってレコードタイムでの勝利を飾る。勢いそのままにコリアC(G1)に挑み見事に勝利。G1馬となり一躍ダート界のトップホースの仲間入りを果たしたが、その後のレースでは結果を残すことができていない。秋を目指す上での重要なレースとなる今年のエルムS(G3)だが、ダート1700m戦の成績に限ってみれば3戦して2勝、2着1回と得意としている条件なので、1年ぶりの勝利に期待が持てそうだ。昨年と同じようにここをビッグタイトル獲得のきっかけとすることができるか注目だ。

【エルムS(G3)展望】真夏の札幌ダート決戦!秋の飛躍を目指す熱戦を制するのは?のページです。GJは、競馬、JRAエルムS札幌競馬場の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!