NEW

ゴールドアクター「引退」左右の一戦へ。最強ライバルと渡り合った力は戻るのか

【この記事のキーワード】, ,
ゴールドアクター「引退」左右の一戦へ。最強ライバルと渡り合った力は戻るのかの画像1

 古豪は今度こそ復活することができるのだろうか?

 2015年の有馬記念勝ち馬・ゴールドアクター(牡7歳、美浦・中川公成厩舎)が、次走として9月23日開催されるオールカマー(G2)を視野に入れていると報じられた。

 15年の有馬記念では、ゴールドシップ、キタサンブラック、マリアライトなど名だたる名馬を相手取り、勝利を収めたゴールドアクター。その後も第一線でライバルたちと熱いレースを繰り広げた。

 だが、今年は3番人気に支持されたAJCC(G2)で11着、前走の大阪杯(G1)でも16着と2走連続での殿負けを喫するなど、かつての走りが見る影もない惨敗を繰り広げている。

「この大敗を受けて”引退”の二文字もささやかれていました。ですが、陣営はまだターフから退かせるつもりは無いみたいですね。

 ゴールドアクターはG1勝ちも含めて23戦9勝をあげ、獲得賞金は7億円以上を記録するなど紛れもない名馬です。しかし、残した成績はステイヤー寄りでこのまま種牡馬入りしたとしても価値が見出されるかは微妙なところ。種牡馬として箔を付ける意味でも、もう少し勝ちたいということなのかもしれません」(競馬誌ライター)

 ゴールドアクターはオールカマーを2年前に勝利。開催される中山競馬場は、昨年まで掲示板を外したことがない相性のいい競馬場として知られていた。

「名うての中山巧者ですので、復活するとしたらここなのは間違いないでしょう。好走すれば、それ以後の重賞戦線にも参戦するめどもつくはずです。

 しかし、今年は休み明けとはいえ中山競馬場で開催されたAJCCでも惨敗しています。得意としていた中山で、2戦連続で結果が残せないのであれば、陣営としても諦めがつき、いよいよ現役を去るという決断が下されるかもしれません」(競馬誌ライター)

 崖っぷちに追い込まれているゴールドアクター。結果を残すことができるのだろうか?

ゴールドアクター「引退」左右の一戦へ。最強ライバルと渡り合った力は戻るのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
2「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
3コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
4「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?
8名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
9横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
10武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々