NEW

JRAクラシック善戦ステルヴィオ輩出レースに今年はブラックタイド産の大物? コスモス賞に有力集結

【この記事のキーワード】, ,
JRAクラシック善戦ステルヴィオ輩出レースに今年はブラックタイド産の大物? コスモス賞に有力集結の画像1

 2歳重賞戦線はすでに函館2歳Sが終了し、8月末から9月頭にかけて新潟2歳S、札幌2歳S、小倉2歳Sが行われる。一方、2歳オープン特別もスタートしている。8月11日(土)札幌で開催されるコスモス賞を展望する。

 2歳オープン特別は今後の2歳重賞レースを予想する上でも、来年の3歳クラシックを占う上でも見逃せない。すでに中京2歳S(芝、1600メートル)のアドマイヤマーズ(父ダイワメジャー)、新潟のダリア賞(芝、1400メートル)でアウィルアウェイ(父ジャスタウェイ)がともに高素質を発揮して2連勝を飾っている。

 昨年のコスモス賞勝ち馬がステルヴィオ(父ロードカナロア)。新馬、コスモス賞と連勝した後、サウジアラビアRC(G3)、朝日フューチュリティS(G1)と2度続けてダノンプレミアム(父ディープインパクト)の後塵を拝して2着。続くスプリングS(G2)では皐月賞馬となるエポカドーロ(父オルフェーヴル)を差し切った。

 今年のコスモス賞、ステルヴィオ級の活躍を期待できる馬はいるのだろうか。

 抜けた1番人気が予想されるアガラス(父ブラックタイド、牡2歳、美浦・古賀慎明厩舎)。6月東京の新馬戦1800メートルをC.ルメール騎手鞍上で楽勝、ここに臨んできた。鞍上は引き続きルメール騎手が想定される。

 新馬戦の馬体重488キロと雄大な馬格を持つ青鹿毛。デビュー前、古賀調教師は「目を引く馬体をしている。フットワークが大きく、芝向きの走り。素質は高いし、さらに体がしっかりしてくればもっと良くなる」と語っていた。

 ブラックタイドが父であるため大活躍すればキタサンブラック2世などと称されるはず。キタサンブラックの母父がサクラバクシンオー、アガラスの母父がブラックホーク。母父がともにスプリントG1とマイルG1で勝ち負けした実績があるのも共通だ。

JRAクラシック善戦ステルヴィオ輩出レースに今年はブラックタイド産の大物? コスモス賞に有力集結のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  5. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?
  9. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  10. JRA「あの馬がいたから今の自分がある」川田将雅の原点はマル外の短距離馬!? 当時6年目の若手がトップジョッキーになった「キッカケ」とは