NEW

『半分、青い。』最悪結末に絶句......視聴率「爆下げ」は放送時間ではなく「ネタバレ興ざめ」だった?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『半分、青い。』最悪結末に絶句......視聴率「爆下げ」は放送時間ではなく「ネタバレ興ざめ」だった?の画像1

 岐阜に戻り、仕事がない鈴愛(永野芽郁)の行方に注目が集まる『半分、青い。』(NHK)だが、すでに視聴者は興ざめムードになっている?

 絶好調だった同ドラマだが、第109話(8月6日放送)の視聴率が自己ワーストの14.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)まで落ち込んでしまった際には大きなニュースになった。60話から20%台をずっとキープしていたからだ。


 同6日は朝ドラが放送開始される午前8時から『平成30年 広島平和記念式典』が生中継されて時間が遅れた上、さらに予定より3分遅れての放送となり、一気に視聴率が下降。それだけを聞けば特段ピンチでもないように思えるのだが......。

 実は、視聴者からはすでにドラマの「よろしくない結末」が見えているからでは、という意見もある。

「すでに同ドラマの『結末』が明かされているから、という意見はありますね。3日に同ドラマのノベライズが文春文庫で発売となっており、そこにスズメやリツの関係性や物語の内容がすべて詰まっています。

『半分、青い。』最悪結末に絶句......視聴率「爆下げ」は放送時間ではなく「ネタバレ興ざめ」だった?のページです。GJは、エンタメ、NHK半分、青い。永野芽郁視聴率の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!