NEW

パチスロ「往年の名作」あの"大量獲得機"復活間近!? 4号機を牽引した驚愕の"顔ぶれ"に悶絶......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「往年の名作」あの大量獲得機復活間近!? 4号機を牽引した驚愕の顔ぶれに悶絶......の画像1
「アレックス 公式HP」より


 まもなくユニバーサルエンターテインメント(以下、ユニバーサル)からリリース予定の伝説の名機『アレックス』(アクロス製)の試打動画が先日YouTube上に公開され、ノーマルを愛する往年のファンから大きな話題を集めている。

 今回、動画をアップし機種説明を行ったのは、元パチスロライターで同社開発本部マーケティング部の長谷川崇彦部長と、元パチスロ攻略マガジンライターの「友達の小野さん(元オノル)」だ。

 まず、動画内では基本スペックについての説明が行われた。ビッグボーナス(MAX335枚)、レギュラーボーナス(MAX116枚)の2種類で構成される本機はボーナスのみでコインを増やす完全ノーマルタイプ。また獲得枚数は他ノーマル機より多めに設定されており、満足感も得られるとのこと。

 気になるゲーム性は歴代の名機たちを継承し、初代を彷彿とさせる仕上がりとなっている。リール配列は『B-MAX』と全く同じだが、それに加えて『サンダーV』で初めて搭載された「予告音」「消灯演出」も存在。ユニバーサルファンならお馴染みの人気演出がふんだんに盛り込まれているようだ。

 しかし「配列」「リール演出」を継承しているとはいえ、リール制御や演出法則は異なっている模様。演出でいえば、予告音発生時は必ず「小役以上」が確定する。またこの法則は5号機で改良が加えられ、14枚払い出しのブドウ(他機種ではスイカ役)成立時は必ず予告音が発生するなど、プレイヤーに配慮した仕様へと進化したとのことだ。後はぜひ動画を見て本機の魅力を堪能していただきたい。

 ついに一部仕様が明らかとなり本機への注目は高まっている状況。動画を見たファンからは「はやく打ちたい」「5号機最後にアレックスとか悶絶」と早くも話題だ。4号機時代を牽引した「往年の名機復活」はもちろんだが、5号機でも幅広い層から愛されているユニバーサルコンテンツだけに、そのような声が上がるのは当然だろう。導入後の稼働が楽しみである。

パチスロ「往年の名作」あの"大量獲得機"復活間近!? 4号機を牽引した驚愕の"顔ぶれ"に悶絶......のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、アレックスパチスロユニバーサルの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!