NEW

JRA「牝馬3冠」国枝栄調教師の苦悩……アーモンドアイの大成功も素直に喜べない「現代版・牧場巡り」の実態とは

【この記事のキーワード】, ,
JRA「牝馬3冠」国枝栄調教師の苦悩......アーモンドアイの大成功も素直に喜べない「現代版・牧場巡り」の実態とはの画像1

「ここはトレセンだよなあ」

 そう呟いたのは、2年前のとある火曜日の国枝栄調教師。競馬界は月曜日が全休日として、いわゆる休日扱いになっているが、その翌日火曜日になってもトレセンの調教スタンドに姿を見せる調教師はまばら……。

『東京スポーツ』の記事によると、大半の調教師が月曜日から「牧場巡り」に出掛けており、毎週閑古鳥が鳴いているようだ。関東を代表する敏腕調教師は、年々空洞化するトレセンの存在意義に危機感を募らせているという。

 従来、調教師による「牧場巡り」というと、放牧に出している管理馬の様子を見るついでに「未来の管理馬」を求めて幼駒を見て回る。行き先は多くの生産牧場が集う「北海道」が定番……。そんなイメージだが、どうやら”それ”は今となってはずいぶん古いようだ。

「昔は牧場巡りというと遠路はるばる北海道に飛んでの視察でしたが、最近は『外厩』施設へ管理馬の様子を見に行くことが定番になっているようです。

 放牧先に充実した調教施設を兼ね備えている外厩といえば、福島のノーザンファーム天栄や滋賀県のノーザンファームしがらきが有名ですが、山元トレセンや大山ヒルズなど本当に数多くの外厩施設が存在し、今では日常的に利用されています。

 大きな違いは調教施設の充実も然ることながら、東西トレセンとの距離が近くなったことで、より手軽に、つまりは頻繁に利用できるようになったこと。

JRA「牝馬3冠」国枝栄調教師の苦悩……アーモンドアイの大成功も素直に喜べない「現代版・牧場巡り」の実態とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?