NEW

JRA秋華賞にリリーノーブル間に合わず? 繁殖としての期待も大きいだけに……

【この記事のキーワード】

, ,

JRA秋華賞にリリーノーブル間に合わず? 繁殖としての期待も大きいだけに......の画像1

 先日、ラッキーライラック(父オルフェーヴル、牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎)の右後脚球節に腫れが見つかり、出走予定だった秋華賞(G1)トライアルのローズS(G2)回避が発表された。

 これにより春の牝馬3歳クラシック、桜花賞(G1)とオークス(G1)の1~3着を占めたアーモンドアイ(父ロードカナロア、牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)、リリーノーブル(父ルーラーシップ、牝3歳、栗東・藤岡健一厩舎)、ラッキーライラックの3頭はともにオークスからぶっつけで秋華賞に臨むと思われた。

 桜花賞、オークスの2冠を制したアーモンドアイはレース後の疲労が激しいため、早々と秋華賞直行が発表されていた。リリーノーブルはオークス後に軽微な骨折が判明し、こちらも秋華賞直行の予定だった。

 ところが今週、リリーノーブルの左前脚球節部に腫れが出たため乗り運動は中止、現在はノーザンファーム空港牧場に放牧中という事態になってしまった。これにより、リリーノーブルは秋華賞出走自体も危うくなってしまった。

 この春、競馬ファンは競走馬の脚部不安やケガによる一頓挫がどれほど深刻なものかを思い知らされた。言うまでもなく、弥生賞まで4戦4勝無敗のダノンプレミアムが挫跖で皐月賞を回避、そして1番人気で迎えた日本ダービーで6着に敗北したことだ。ラッキーライラックに続きリリーノーブルも秋以降の戦いに暗雲がたちこめてしまった。

 リリーノーブルは阪神ジュベナイルF(G1)でラッキーライラックの2着。桜花賞は順当であればラッキーライラックとリリーノーブルで決まるとも見られていた。ところが、牡馬相手のシンザン記念(G3)を勝ったアーモンドアイが殴り込みをかけてきて、驚異の末脚を繰り出して優勝。2着ラッキーライラック、3着リリーノーブル。リリーノーブルは3戦連続してラッキーライラックの後塵を拝した。

JRA秋華賞にリリーノーブル間に合わず? 繁殖としての期待も大きいだけに……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事