NEW

JRA戸崎圭太「評判最悪」騎乗で干される寸前……得意の夏も成績下降、モレイラくれば終わりの意見も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA戸崎圭太「評判最悪」騎乗で干される寸前......得意の夏も成績下降、モレイラくれば終わりの意見もの画像1

 12日に新潟競馬場で開催された関屋記念(G3)は、北村宏司騎手が騎乗するプリモシーン(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎)が、31年ぶりに3歳牝馬による勝利を達成した。

 同馬を管理する木村厩舎は土日でこの重賞勝利を含む3勝をあげ、関東リーディングでは首位の藤沢和雄厩舎とは1勝差。ここ最近はコンスタントに管理馬が勝利を上げていることもあり、リーディング首位が変わるのも可能性を指摘する声も上がっている。

「関東リーディング首位も視野に入るなど好調をキープしている木村厩舎。中でも力を入れていたプリモシーンの関屋記念勝利には、スタッフたちも万感胸に迫ったようだ。『ようやくこの馬の力を出せた』とまるでクラシックの主戦だった戸崎圭太騎手にあてつけるかのようにこぼしていたよ」(現場記者)

 北村宏騎手が騎乗するまでプリモシーンは戸崎騎手が主戦だった。このタッグは今年の始動戦となったフェアリーS(G3)を快勝。クラシックでも大きな期待がかけられていたが、初戦の桜花賞(G1)で10着と惨敗。ゲートで大きく出遅れてしまい、最後の直線でインを突いて勝機を見出そうとするも、大舞台ではそううまく内が開くわけがなく、そのまま他馬に包まれてしまい、不完全燃焼に終わっていた。

 そしてリベンジが期された続くNHKマイル(G1)。だがここでも、出遅れてロスを取り戻すべくインを走り、そして他馬に囲まれてどん詰まり。まるで前走をなぞるかのような凡走を繰り返し、5着に終わっていた。

「NHKマイル前、陣営は戸崎騎手に『馬に問題はないので自信を持って乗ってほしい』とお願いしており、さらに『インでロスなく走るのではなく、直線では外に出してほしい』とリクエストしていたんだよ。それにもかかわらず、NHKマイルでも桜花賞と同じ競馬をして、結果は勝ち馬と0.2秒差の5着。こうなると、『外目から上がれば結果は違っていたかも』って考えるのもわかるよね」(前出・同)

 戸崎騎手への不信感が高まった陣営はプリモシーンの乗り替わりを決断。次の騎手として北村宏騎手に白羽の矢を立てることにした。

JRA戸崎圭太「評判最悪」騎乗で干される寸前……得意の夏も成績下降、モレイラくれば終わりの意見ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!