NEW

JRA札幌記念(G2)は「マカヒキ」即切りで「高配当」狙い! 有力「現場」情報から「少点数」で楽勝!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週「現場情報至上主義・ジェームスT」が挑むのは、19日(日)に開催される札幌記念(G2)だ。

 今年は過去最高と言っても大袈裟ではない豪華メンバーが集結。ファン必見の”真夏の祭典”で、入手した有力「現場」情報から「少点数」勝負を決行したいと思う。

 本命「◎」に選んだのは、昨年のエリザベス女王杯(G1)を制したモズカッチャン(牝4、栗東・鮫島一歩厩舎)だ。

JRA札幌記念(G2)は「マカヒキ」即切りで「高配当」狙い! 有力「現場」情報から「少点数」で楽勝!?の画像1モズカッチャン「競馬つらつら」より

 昨年のオークス(G1)2着、秋華賞(G1)3着と牝馬クラシックで存在感を示した本馬。勝利こそ収めることはできなかったが、その実力を評価する声は多かった。

 その評判を証明するように、初の古馬との対戦となったエリザベス女王杯(G1)を快勝。懸命に粘るクロコスミアをクビ差で捉え、悲願のG1制覇を成し遂げた。

 今年も強豪牡馬を相手に京都記念(G2)で4着、ドバイシーマクラシック(G1)は6着とまずまずの走りを見せている。ドバイ帰りということで、状態面は気になるところだが……。

「状態は万全なようだね。『放牧に出して疲れは取れた』『調整は順調』とトーンは高い。条件面に関しても『血統的に力を要す洋芝は合っている』と強気なコメントも出ているね。

鞍上は本馬のことを知り尽くしているミルコ(M.デムーロ騎手)。現在、重賞9勝目と好調なのは非常に心強い。秋へ繋げるためにも確実に結果を残したい1戦。『ここ目標に態勢十分』と強調している今回は買わない理由がないね」(競馬関係者)

「○」は重賞常連の実力馬マルターズアポジー(牡6、美浦・堀井雅広厩舎)だ。

 今年も中山記念(G2)3着、鳴尾記念(G3)4着と好走。勝利は収めていないものの、重賞で結果を残している実力馬だ。昨年は中山記念2着だったサクラアンプルールが制したレースということも考慮すれば、無視することはできない存在である。

JRA札幌記念(G2)は「マカヒキ」即切りで「高配当」狙い! 有力「現場」情報から「少点数」で楽勝!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!