NEW

パチスロ「革命システム」も霞む”本命スペック”登場!?「”萌えスロ”女王」新境地へ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「革命システム」も霞む本命スペック登場!?「萌えスロ女王」新境地への画像1

 昨年末に満を持して発表されたサミーの新システム「GRT」。その第三弾となる『パチスロ蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ- Mental Model ver.』がまもなくリリース予定だ。

 本機はGRT第一弾となった『コードギアス』を踏襲しさらに遊びやすくなったスペックが特徴的。ボーナス合算確率は1/162.2 (設定1)~1/130.0(設定6)とGRT史上最高の初当り確率を実現している。

 ボーナス後は必ずRTに突入し、BIGボーナス後はRT100Gが付与される「BLUE STEEL MODE」に突入。

 一方で、MIDDLEボーナス後はRT50G+αの「METAL MODEL MODE」へ突入する。基本的に規定G数終了もしくはボーナス成立でRTは終了するが、カットイン発生時にボーナスを否定すれば次回ボーナスまで継続する「ARS NOVA MODE」突入のチャンス。どのボーナスからでも、まとまった出玉に期待できる。

 その上、高設定域の安定感が非常に高いとされる新作『アルペジオ』。これまでのGRTシリーズの「弱点を克服した」という意見もあるが……汚名返上となるだろうか。

「出玉とRT性能双方をカバーした『コードギアス』、RT性能に特化した『北斗の拳』ですが、どちらも注目以上の稼働を見せることができなかった印象です。高設定での安定感は抜群かと思いますが……その代償として設定が投入される機会はほとんどなかったでしょうね。

また遊技したプレイヤーの多くが『低設定が意外とキツイ』『全てを通して長く打てない』と低設定に対してネガティブなイメージを持っていると思いますよ。

その一方で、GRT第三弾の『アルペジオ』は、ボーナス確率は軽いですし適度なRT性能になっていますからね。これまでのGRT機の弱点を克服したように見えます。低設定でもボーナスとRTの連鎖を楽しむことができそうですよ」(記者)

 ボーナスの軽さが特徴的な『アルペジオ』。アニメとのタイアップ機ということもあって、原作ファンも取り込むことが可能なスペックといえるだろう。前作はART機としてリリースされたが、さらなる稼働に期待が持てそうだ。

パチスロ「革命システム」も霞む”本命スペック”登場!?「”萌えスロ”女王」新境地へのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!