NEW

JRA「世界的良血」シェーングランツ大変身で5馬身圧勝! 「オークス姉妹制覇」へC.ルメールが挙げた姉ソウルスターリングとの共通点

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「世界的良血」シェーングランツ大変身で5馬身圧勝! 「オークス姉妹制覇」へC.ルメールが挙げた姉ソウルスターリングとの共通点の画像1

 世界でも屈指の「超良血馬」が2戦目で、ついにベールを脱いだ。

 18日に札幌競馬場で行われた2歳未勝利戦は、一昨年のオークス馬ソウルスターリングの半妹シェーングランツ(牝2歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が1番人気に応えて圧勝。後続を5馬身以上引き離す次元の異なる競馬で、大きな一歩を踏み出した。

「耳はお母さんに似ているけど、身体の線はお姉さんに似ているね」

 母スタセリタが仏オークス馬、姉のソウルスターリングが日本のオークス馬。その両方の主戦を務めていたC.ルメール騎手にとって、また一頭思い入れの深い存在が現れた。

 芝の1800mを7頭立てで行われたレースで、シェーングランツはまずまずのゲートの出を見せたものの、ルメール騎手が「まだ緩くて最初のスピードが出ない」と語った通り、スタートダッシュが今一つで後方2番手からの競馬。

 ただ、ルメール騎手が無理に前へ促さなかったこともあって折り合いはすんなりとついていた。「お姉ちゃん(ソウルスターリング)と違って乗りやすい」とのこと。

 小頭数ながら、やや縦長の展開で1000m通過は61.5秒。同距離、同コースで行われた10Rの富良野特別(500万下)が60.6秒だったことからも、この時期の2歳未勝利戦としてはやや厳しいペースだ。ラスト800mを切って各馬のペースが上がったものの、シェーングランツはなかなか加速できずに最後方へ。ここはルメール騎手も「エンジンが掛かるのに時間が」と課題の1つに挙げている。

JRA「世界的良血」シェーングランツ大変身で5馬身圧勝! 「オークス姉妹制覇」へC.ルメールが挙げた姉ソウルスターリングとの共通点のページです。GJは、競馬、JRAシェーングランツソウルスターリングの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!