NEW

JRA暴走王「ミッキーアイル2世」がデビュー戦で斜行……2016年マイルCSの”悪癖”継承で松若風馬騎手は騎乗停止処分

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA暴走王「ミッキーアイル2世」がデビュー戦で斜行......2016年マイルCSの悪癖継承で松若風馬騎手は騎乗停止処分の画像1

 19日に小倉競馬場で行われたメイクデビュー(芝1800m)は、今年の日本ダービー(G1)で2番人気に支持された(5着)ブラストワンピースの半妹ヴィクトリアピースが完勝。単勝1番人気に応えるデビュー戦勝利で、期待の良血馬が大きな一歩を踏み出した。

 その一方でホロ苦いデビュー戦となってしまったのが、2番人気のミッキースピリット(牡2歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 母フリーティングスピリットは2009年のジュライC(G1、芝1200m)を勝ったスプリンターで、昨年のセレクトセールにおいて1億円で落札された良血馬。

 血統的にはスピードタイプだが、音無秀孝調教師は「母がスプリンターでも、ディープインパクトの血が入ると距離をこなせる馬もいる。ウチにいたミッキーアイルがそうだった」と、かつて自身が管理してG1・2勝を上げた大先輩の名を取り上げて期待を寄せていた。同じ野田みづきオーナー期待の良血馬ということもあって、気合の入る一戦だ。

 レースはそんな指揮官の思いに応えるように、最後の直線入り口で先頭に躍り出たミッキースピリット。手応えもよく、そのまま押し切るかに見えたが、次の瞬間に「悪夢」が待っていた。

 残り200mを切り、鞍上の松若風馬騎手のゴーサインに応えて後続を突き放そうとしたミッキースピリットだったが、その直後に大きく内側へバランスを崩し、後ろを走るブルベアペスカの進路を塞ぐ格好に……。結局、そのまま失速し、7着でレースを終えた。

JRA暴走王「ミッキーアイル2世」がデビュー戦で斜行……2016年マイルCSの”悪癖”継承で松若風馬騎手は騎乗停止処分のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!