NEW

モレイラJRA重賞未勝利の謎......不可思議ながらも時間の問題?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モレイラJRA重賞未勝利の謎......不可思議ながらも時間の問題?の画像1

 18日、19日の2日間で7勝を挙げたJ.モレイラ騎手。早くも22勝を上げ、勝率は0.386、さらに連対率0.491や3着内率0.632と凄まじい成績を記録している。ライバルのC.ルメール騎手を抑えて札幌のリーディング争いでも、首位に立つなど圧倒的な存在感を放っている。

 まさにその異名である雷神のごとく、日本の競馬界で辣腕を振るい、勝利を積み重ねているJ.モレイラ騎手。だが、縦横無尽に活躍しているにもかかわらず、何故か日本で開催されている重賞では勝つことができていない。

 先週末、モレイラ騎手は札幌記念(G2)にネオリアリズムで出走。5番人気に支持されていた同馬はキレイなスタートを切り、3番手の好位につけた。だが、4コーナー回って最後の直線に入った途端に手応えを失い、ズルズルと後退。14着と無念の結果に終わっている。

「今年は札幌記念のほかに、クイーンS(G3)にもアグレアーブルで参戦しましたが、こちらも7着と掲示板に載ることすらできませんでした。これでモレイラ騎手は、JRAの重賞に10度挑戦していずれも敗退しています。

 2年前の札幌記念ではマイル王・モーリスに騎乗して1番人気に支持されるも2着。ルメール騎手が騎乗したネオリアリズムの前に涙を飲んでいます。またこの年はキーンランドカップ(G3)でも、1番人気のシュウジに騎乗して2着。惜しい結果に終わりました」(競馬誌ライター)

モレイラJRA重賞未勝利の謎......不可思議ながらも時間の問題?のページです。GJは、競馬、モレイラルメール重賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!