NEW

『カメラを止めるな!』に「盗作疑惑」浮上……「原作者無視」の状況明らか内容で一気に危機?

【この記事のキーワード】, ,

「映画に限らずですが、予定調和ではない突然の大ヒット作が出ると、その前に構成の似た作品を出した人物からこうした激白をされるということはないことではありません。話題を集めてヒットに『乗っかる』という意図があるのかないのか、という感じです。

ただ、今回の記事内容は上田監督が一定の影響を認める発言を暗にしていた中、それを『認めない』とい構図ですからね。今後大きな動きもあるかもしれません」(記者)

 著作権侵害というのはどこまでが「オマージュ」でどこまでが「盗作」になるのか非常に難しい問題だ。2018年のヒット作の今後に注目である。

『カメラを止めるな!』に「盗作疑惑」浮上……「原作者無視」の状況明らか内容で一気に危機?のページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • その他
  • 総合
  1. 乃木坂46齋藤飛鳥の「脇毛」にファンが大騒ぎ? 以前には「写真集買え」で炎上も……
  2. ホリエモン「マジこいつクソ」とSBI社長・北尾吉孝氏を糾弾に称賛? 10年以上前の「因縁戦争」終わらず?
  3. 『天空の城ラピュタ』31年目の「作画ミス」発見に驚愕! パズーは「人間じゃないから」の声も……
  4. 今井絵理子「やばい動画」流出で言い訳無意味に!? 今後もさらなる流出続くか
  5. 広瀬すず、広瀬アリス兄「逮捕」の衝撃……最悪の「交通事故内容」で姉妹のCMや「NHK朝ドラ」にも大影響?
  6. 秀岳館・鍛治舎巧監督の「勝ち組」人生に驚愕……疑惑の「サイン盗み」に「1万人リストラ」すべてを”闇”の中に堂々勇退へ
  7. 水樹奈々のライブで甲子園球場に「過去最悪」「まるで工場跡地」の被害……無配慮アーティストたちの遍歴と、数少ない「例外」とは
  8. マツコ暴露「整形芸能人」は「変わりすぎ」石原さとみに深田恭子と憶測!? 「癒し系歌手」の正体はあの大物シンガーか……
  9. 阪神・藤浪晋太郎「侮辱行為」で巨人・北村拓己、大炎上!? プロ3年目「当てられる前に、しっかりバットに当てて行きましょう!」今シーズン「死球0」を完全無視……
  10. ワンオク「活動休止」も……ドラムTomoya「淫行」発覚。異常「性癖」に嫌悪感多数、世間の目厳しく