NEW

パチンコ『初代牙狼』も霞む「ゲキ甘機」が新規則で!? 快進撃が続く「絶好調メーカー」に期待の声多数

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ『初代牙狼』も霞む「ゲキ甘機」が新規則で!? 快進撃が続く「絶好調メーカー」に期待の声多数の画像1

 昨年に引き続きヒット機種を量産する話題のパチンコメーカー・京楽産業。往年の名機『ウルトラセブン』『冬のソナタ』を次々とリリースし、どれも安定した稼働を記録している。

 もともと『ウルトラセブン』は前評判が高かったため納得の稼働状況だが、あまり注目されていなかった『冬ソナ』はまさに”番狂わせ”。

 中古価格は先月から現行機の王者『北斗無双』を抑えて堂々の1位にランクインにしており、導入台数も日を追うごとに増加している。全ホールの「半数以上」が設置するほどの人気ぶりだ。

 そんな京楽産業といえば、この他にも豪華なメンツが出揃っている状況。同社の超ヒットコンテンツ『AKB48』は年内中のリリースが有力視されている。そしてひっそりと『仮面ライダー』シリーズも検定を通過していたのだが……。

 現行機”最強”と謳われる「激ヤバスペック」にアツイ視線が注がれている。

「遊技機販売の総合商社『ファイブ・プランニング』によれば、スペックは大当り確率約1/319で1種2種混合機タイプとのこと。RUSH継続率は、昨年リリースされた『ドラム麻雀物語』をも超える数字のようです。

そして、連チャン率・ラウンド振り分けを平均すると獲得出玉6000発を超えるとか。現行機最後の”モンスターマシン”であることが確実視されていますよ。年内に登場するとなれば、さらにホールは”京楽一色”になりそうです」(記者)

 現行機のなかでもトップクラスの出玉性能を実現したとされる新作『仮面ライダー』。コンテンツの時点で要注目だが、誰もが目を引く「化物スペック」は間違いなく高い評価を得られるだろう。シリーズでお馴染みの「爽快感」溢れる出玉に期待できそうだ。

 ただ、京楽産業で注目される新台は現行機だけではない。一部関係者の間では『冬ソナ』の新規則機がリリースされるとの情報が浮上中。さらに同社の代名詞『必殺仕事人』も新規則スペックで「開発中」との話題も上がっている状況だ。新時代でも”攻めの手”を緩めていない様子である。

パチンコ『初代牙狼』も霞む「ゲキ甘機」が新規則で!? 快進撃が続く「絶好調メーカー」に期待の声多数のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!