NEW

「快進撃メーカー」6号機が始動!? パチスロ分野を”激アツ”にする「アノ名作」

【この記事のキーワード】

, ,

「快進撃メーカー」6号機が始動!? パチスロ分野を激アツにする「アノ名作」の画像1

 パチンコでは「新規則」機が続々と登場。最大のポイントであった「設定」を搭載したマシンが20日に導入され、ホールを大いに盛り上げている。

 もちろん良い意見ばかりではないが、反響は上々といった印象。9月以降に導入される「設定付き」パチンコへ注目するユーザーが続出中だが……。

 パチスロ分野も、新時代へ向かって動き出している。新規則6号機のデビュー第1号『Sアメリカン番長HEY!鏡』(大都技研)がデビューを控えている状況。大人気シリーズ6号機の登場を、待ちわびるファンが続出中だ。

 他メーカーの動きも確実に激しくなっている印象。大手メーカーSANYOからは『Sパロットブルーハワイ』が検定を通過した。かつて存在していた新たな回胴式遊技機「パロット」という仕様に着目する人間は多い。

 業界大手サミーからも『SチェインクロニクルWR』が検定を通過している。パチスロユーザーには馴染みの薄いコンテンツということもあり反応は様々だが、トップメーカーの手腕に期待する声も目立つ。

 今後も6号機に関する情報が続々と浮上しそうな気配。その動向に期待するユーザーは多いが……。

 2017年に獅子奮迅の活躍を見せた「快進撃メーカー」にも動きが?「アノ名作」との強力タッグ6号機に関する”新情報”へ熱い視線が注がれている。

「快進撃メーカー」6号機が始動!? パチスロ分野を”激アツ”にする「アノ名作」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!