NEW

パチンコ界のボス「大崎一万発」も大絶賛!! 新たな「超ダークホース」の登場で業界内は騒然!?

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ界のボス「大崎一万発」も大絶賛!! 新たな「超ダークホース」の登場で業界内は騒然!?の画像1

◯◯◯
ライター界の重鎮・大崎一万発氏も唸る!? 激アマ『ディスクアップ』に匹敵する名機誕生か?
◯◯◯

 指示機能を制限する「有利区間」を搭載、「G数天井」「AT機」の実質廃止など、苦戦を強いられるパチスロ5.9号機

 ボーナスで出玉を増やすノーマル・RT機はその影響を受けていないものの、ナビ機能を有するART機への被害は甚大だ。

 獲得出玉が制限されることはもちろん、有利区間へ移行した際にはランプ告知を義務化。点灯時は「ART抽選状態」だが、逆にいえばランプ非点灯時は無抽選状態のため、プレイヤーのモチベーションを著しく低下させた。ヒットに恵まれない理由にも納得である。

 しかし、そういった厳しい環境のなかでも、5.9号機ARTのデメリットを最小限に抑えた”成功者”は存在している。現行機「史上最強」の甘さを誇る『ディスクアップ』が、連日高稼働を実現しているようだ。

「出玉率は設定1でも『103%』を超えるなど、スペックの甘さはピカイチ。ただ、注目すべき点はその甘さを実現した『ゲーム性』です。

本機は他ART機とは異なり、有利区間最大1500Gの完走を目指すゲーム性ではありません。BIGボーナスを引けば必ずARTに突入し、目押し力と運でARTを継続させる仕様となっています。あくまでボーナスをメインにして出玉を増やし、ARTは脇役のイメージですね。こういった出玉仕様が成功を収めた最大の要因でしょう」(記者)

 一撃出玉よりも遊びやすいに特化した『ディスクアップ』。射幸性を求めるユーザーにとっては物足りないかもしれないが、5.9号機でそれを求めるのは”お門違い”といえる。新規則機で求めるべきものは、一撃性能ではなく”ある程度”の出玉感ではないか。

 そんな5.9号機屈指の”最適”スペックは他にもある模様。パチンコ界の重鎮・大崎一万発氏も「大絶賛」するダークホースが、新たに誕生したようだ。

パチンコ界のボス「大崎一万発」も大絶賛!! 新たな「超ダークホース」の登場で業界内は騒然!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!