NEW

吉岡里帆が”重さ”に耐えられない……ケースワーカーの想像力が問われる『健康で文化的な最低限度の生活』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉岡里帆が重さに耐えられない......ケースワーカーの想像力が問われる『健康で文化的な最低限度の生活』の画像1

 前回、父親には絶対に連絡を取らないでほしいと言っていたにも関わらず、義経えみる(吉岡里帆)たち東区役所の生活課の職員が父親に援助が可能かどうかを尋ねる扶養照会をしたことで、父親・島岡雷(あずま)が現れたことにショックを受けた島岡光(佐野岳)。第6回は、その島岡が電車に飛び込もうとして取り押さえられたところからスタート。

 そのような状況になっても、「父親に会いたくないくらいで自殺未遂します?」と、いつもアームウォーマー(?)をつけている生活課職員の石橋五郎(内場勝則)が言ったり、どうもこのドラマに登場する人たちは、ケースワーカーなのに想像力が足りないのではないか。それは、扶養照会の紙をビリビリにして返してきた水原典子の息子について、「私、家族の絆って絶対だと思っていた」などと言う、同じく生活課職員の桃浜都(水上京香)にも当てはまる。

 結局、えみるとその上司の京極大輝(田中圭)が真実を知らされるのは、島岡光が入院した精神科病棟の医師からであった。光は、幼少期から父親から性的な虐待を受けていたのだ。

【続きはエンタMEGAで】

吉岡里帆が”重さ”に耐えられない……ケースワーカーの想像力が問われる『健康で文化的な最低限度の生活』のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!