NEW

【キーンランドC(G3)展望】サマースプリントシリーズ第5戦!札幌でのスプリント戦を制するのは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【キーンランドC(G3)展望】サマースプリントシリーズ第5戦!札幌でのスプリント戦を制するのは?の画像1

 夏競馬も終盤となる今週末26日(日)に札幌競馬場で開催される重賞はキーンランドC(G3)。サマースプリントシリーズではアレスバローズが2勝を上げトップを独走。このレースを含め残り2戦、同シリーズのタイトル奪取を目指す馬にとっては勝利が必要なレースとなりそうだが、タイトル争いとは別に休養明けから復帰してくる有力馬の存在もあり、例年以上の混戦が予想される。

 国内のスプリントG1では3回連続で2着のレッツゴードンキ(牝6、栗東・梅田厩舎)が今年はここから始動する。3年前の桜花賞(G1)を制した実力馬で最近ではダート、芝のレース、スプリント戦からマイル戦と幅広い活躍を見せている。昨年はヴィクトリアマイル(G1)から休養を挟みスプリンターズS(G1)へ直行し2着と惜しい結果だっただけに、今年はここを前哨戦に選んだようだ。札幌競馬場でのレースは2年ぶりとなるが過去の成績は3戦1勝、3着2回と相性のいい舞台。近走は好走するも勝ち切れないレースが続き1年以上勝利から遠ざかっているので、何とか結果を残しいい形で本番へ臨みたいところだろう。目標はこの先にあるため余裕残しでの出走となることが予想されるが、実績面を考えれば抜けた存在。どのようなレースを見せてくれるか楽しみだ。

 ムーンクエイク(セ5、美浦・藤沢厩舎)は初のスプリント戦となるが注目の存在だ。前走の京王杯SC(G2)では最後の直線での激しい叩き合いを見事に制して重賞初制覇を達成した。勝ちタイムはレースレコードを記録するなど、初めての重賞挑戦はハイレベルな争いとなり非常に価値ある勝利となった。その後は安田記念(G1)への出走予定もあったようだが、結局回避し休養に入ったためここは秋へ向けての試金石。休養明け、初めてのスプリント戦、斤量58㎏と厳しい条件が揃ったが、結果を残すことができれば今後の選択肢が大きく広がる大事な1戦となる。前走も初めての1400m戦に対応してみせただけに、厳しそうに思える条件をあっさりと克服する可能性は大いにある。

【キーンランドC(G3)展望】サマースプリントシリーズ第5戦!札幌でのスプリント戦を制するのは?のページです。GJは、競馬、キーンランドCレッツゴードンキ夏競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!