NEW

JRA新潟2歳S(G3)で引退種牡馬ゴールドヘイローの「大いなる遺産」となれるか?スティルネスが出走

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA新潟2歳S(G3)で引退種牡馬ゴールドヘイローの「大いなる遺産」となれるか?スティルネスが出走の画像1

 
 8月26日、新潟競馬場で行われる伝統の2歳重賞、新潟2歳S(G3)。過去、同レースの好走馬からは後の活躍馬が多数出現している。古くは、ビクトリアクラウン(エリザベス女王杯勝馬)、メジロドーベル(G1,5勝馬)、近年も勝馬からは、ハープスター、エフティマイア、2着馬からも、ウインファビラス、イスラボニータ、ジャスタウェイと錚々たる顔ぶれが並ぶ。

 今年も同レースには、クローバー賞を楽勝したあのウインゼノビアを新馬戦で千切ったジョディーをはじめ、中京2歳Sを2着した大活躍中のジャスタウェイ産駒エイシンゾーン、2世代のみでリーディングサイヤー9位につけるロードカナロア産駒が3頭となかなかのメンバー構成だ。

 この派手な出走馬の中において、地味ながらも注目の馬がいる。スティルネス(2歳牝 美浦・小島茂之厩舎)だ。同馬は年に数頭だけの生産という小さな牧場の様似堀牧場の生まれ。母のマツリダワルツは地方馬、父も地方馬だったゴールドヘイローとお世辞にも華やかとは言えない地味な血統の馬だ。

 父、ゴールドヘイローは、サンデーサイレンス産駒ながらも地方馬として大井競馬場でデビューし話題にもなった馬だったが、脚部不安からわずか1年半という短い期間で競走馬人生を終えた。その後、生産オーナーの尽力もあり、種牡馬として第二の人生をスタート。中央5勝プロモントーリオ、札幌記念を含む重賞4勝・香港Cで2着したトウケイヘイローなどを輩出した。

 そのトウケイヘイローの活躍もあり、日高スタリオンステーション、イーストスタッドと転々としながらも、昨年まで種牡馬生活を送っていたゴールドヘイローだったが、2009年に102頭あった種付数も翌年以降、産駒成績の伸び悩みもあってか激減し、2017年に生まれた10頭を残して競走馬の種牡馬生活から退いた。スティルネスの同世代も僅かに16頭のみ。その父の忘れ形見ともいえるスティルネスが、新潟2歳Sに挑戦する。

JRA新潟2歳S(G3)で引退種牡馬ゴールドヘイローの「大いなる遺産」となれるか?スティルネスが出走のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事