NEW

JRA対世界!【WASJ2018】武豊VSモレイラ、福永祐一VSメンディザバル……騎乗馬込みで徹底考察

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA対世界!【WASJ2018】武豊VSモレイラ、福永祐一VSメンディザバル......騎乗馬込みで徹底考察の画像1

 今週末の25、26日に札幌競馬場で開催される『ワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)2018』。今年もこの地に世界各国から超一流の騎手が集った。

 一昨年前はJRA選抜チームのM.デムーロ騎手が、昨年はWAS選抜チームでカナダのNo.1騎手のユーリコ・ダシルヴァ騎手が優勝している。開幕が間近に迫った今回は、出場14名の騎手、そしてレースでの騎乗馬を紹介しつつ、今年の優勝者を探っていきたい。

「JRA選抜チーム」

◆福永祐一騎手 2018年日本ダービー(G1)優勝騎手
◆C.ルメール騎手 2017年JRA賞のMVJを獲得
◆戸崎圭太騎手 勝利度数関東1位
◆田辺裕信騎手 勝利度数関東2位
◆内田博幸騎手 勝利度数関東3位
◆M.デムーロ騎手 勝利度数関西2位
◆武豊騎手 2017年度ロンジンIFHA国際功労賞受賞など

「WAS選抜チーム(外国騎手・地方競馬代表騎手)」

◆ジョアン・モレイラ(ブラジル)
◆ラファエル・ベハラーノ(アメリカ)
◆サマンサ・コレット(ニュージーランド)
◆シェーン・フォーリー(アイルランド)
◆イオリッツ・メンディザバル(フランス)
◆チャドレー・スコフィールド(香港)
◆桑村真明(地方競馬代表騎手)


 やはり目を引くのは、今回唯一の女性騎手であるS.コレット騎手だろう。06年12月にデビューしたコレット騎手は年々順調に成績を伸ばし、先日終了した2017~18年シーズンでは重賞6勝(G2・2勝、G3・4勝)を含む自己最高の年間132勝をマーク。自身初となるリーディングを獲得し、獲得賞金も1位に輝くなど最高のシーズンを過ごした。今回は日本でその抜きん出た騎乗技術を発揮することが期待されている。

JRA対世界!【WASJ2018】武豊VSモレイラ、福永祐一VSメンディザバル……騎乗馬込みで徹底考察のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!