NEW

JRAキーンランドC(G3)は「2強」切り「究極の少点数」勝負! 強力「関係者情報」から「高配当」狙い!!

【この記事のキーワード】, ,
JRAキーンランドC(G3)は「2強」切り「究極の少点数」勝負! 強力「関係者情報」から「高配当」狙い!!の画像1ダノンスマッシュ(JBISサーチ公式サイトより)

 今週「現場情報至上主義・ジェームスT」が挑むのは、26日(日)に開催されるキーンランドC(G3)。高松宮記念(G1)2着レッツゴードンキ、3着ナックビーナスが人気を集めそうだが……。

 2頭を上回る有力情報が存在するために強気の切り。2強を外した「小点数」勝負で高配当を狙いたいと思う。

 本命「◎」に選んだのは、歴史的スプリンターロードカナロアの初年度産駒であるダノンスマッシュ(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 未勝利戦、もみじS(OP)と連勝。朝日杯フューチュリティSでも5着と好走を見せている。4月のアーリントンCも早めに動いた馬が苦しむ展開の中、勝ち馬から0秒4差で掲示板を確保。高い能力を持っているのは間違いない。

 その後は勝ちきれない展開が続いたが、初の1200mとなる前走の函館日刊杯(1600万下)は古馬相手に文句なしの快勝。ベストの距離を見つけたという印象だ。「カナロアの後継」とまで称された大器が、初タイトルを掴めるかに期待は高まる。

「これまでの実戦では行きたがる感じだっただけに、距離短縮は良かったのかもしれないね。スタートさえ決まれば、持ち前のスピードで押し切るだけ。陣営も『1200メートルの方がいい』と手応えを感じているようだ。

稽古の動きも上々で『この時期の力ナロアに似ている』と陣営のトーンは高い。53キ口も有利に働くはず。鞍上(北村友一騎手)も好調だしね。あらゆる面に不安の感じられないココは問答無用の◎だよ」(競馬関係者)

「○」は京王杯SC(G2)覇者ムーンクエイク(セ5、美浦・藤沢厩舎)だ。

 最後の直線での激しい叩き合いを見事に制して重賞初制覇を達成。京王杯SCでの勝ちっぷりは、地力の高さを再認識させるものだった。レースレコードを記録するなど、重賞でも十分に戦えることを証明したと言えるだろう。

 休養明け、初のスプリント戦、斤量58㎏という点は気になるとこではあるが……。

「札幌に移動して水曜日に軽く動いたようだけど『デキは良い』と自信を覗かせていた。追い切りも元気一杯だったし状態に不安は感じられないね。去勢の効果も大きいと思う。『精神的に大人になって、以前よりコントロールが利くようになった』と陣営は自信を覗かせているよ。

初めての距離になるけど1400でレコード勝ちしているからね。『対応は可能。スピードは見劣らない』と強気。ハンデも、そこまで気にしていない様子だ。上位争いは濃厚だと思うよ」(競馬関係者)

JRAキーンランドC(G3)は「2強」切り「究極の少点数」勝負! 強力「関係者情報」から「高配当」狙い!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話