NEW

大手サミー「新概念マシン」が6号機で復活!? 『獣王』『北斗』に割り込む”伏兵”は……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大手サミー「新概念マシン」が6号機で復活!? 『獣王』『北斗』に割り込む伏兵は......の画像1

 
 長きにわたってパチスロ市場を牽引する業界最大手サミー。その超大物が新規則「6号機」をどのコンテンツでリリースするのか、さまざまな憶測が飛び交っていたが……。

 意外にもパチスロ初となるゲームコンテンツを採用。サミーのグループ企業・セガゲームスから配信されている人気RPGゲーム『チェインクロニクル』が6号機第一弾に選ばれたのである。

 まさかのゲーム版権に「なぜこのゲーム?」「確かに知名度はあるけど……」と疑問の声が殺到。やはり爆裂スペックで名を馳せた『獣王』『北斗の拳』など、業界を代表するビッグコンテンツが期待されていただけに、驚きを隠せないファンは多い。

「やはり6号機から『純増制限のないATスペック』が可能となりましたからね。それにふさわしいコンテンツが望まれるのも当然です。

ただ、5号機初期でもそうでしたが、規制改正直後は”試験的”にリリースされる可能性が高い印象。5号機の初陣を切った『エヴァンゲリオン』はもともと知名度のあるコンテンツでしたが、パチンコ業界での実績はその当時は皆無でした。業界全体的にそういった流れだったと思いますよ。なので、あえて新規コンテンツを6号機の初っ端に採用するのはなんら不思議ではないかと」(記者)

 その他には、開発中の5.9号機を「急遽6号機仕様でリリースした」との憶測も飛び交っている状況。注目度の高さという意味では他を圧倒しているのではないか。

大手サミー「新概念マシン」が6号機で復活!? 『獣王』『北斗』に割り込む”伏兵”は……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!