NEW

JRA藤田菜七子「歴代最多勝達成」よりも嬉しい!? 武豊の「お墨付き」デビュー当初から抱える「悩み」解消?

【この記事のキーワード】, ,
JRA藤田菜七子「歴代最多勝達成」よりも嬉しい!? 武豊の「お墨付き」デビュー当初から抱える「悩み」解消?の画像1

 25日、新潟の最終12Rでセイウンリリシイ(牡3歳、美浦・水野貴広厩舎)が逃げ切り、鞍上の藤田菜七子騎手がJRA女性騎手最多となる通算35勝目の新記録を達成した。

 18頭立ての芝1200mで行われたレースで、好ダッシュを決めたセイウンリリシイは果敢にハナへ。そのままレースの主導権を握ると最後まで脚色は衰えず、最後の直線では逆に後続を突き放す強い競馬。結局、最軽量となる50kgの斤量を活かし、最後は4馬身差をつけてゴールした。

「勝てたことは、とてもうれしいです」

 この勝利をもって、元騎手の増沢由貴子さんと並んでいたJRA通算最多勝記録を塗り替え、歴代単独最多に躍り出た藤田菜七子騎手。また、今年15勝目は自身が持つ年間最多勝を更新する節目の1勝でもあった。

「記録などは特に意識せずに、一鞍一鞍大切に乗りました。(女性騎手最多勝目前であることを)たくさんの方に言っていただけるのはとても嬉しく、ありがたかったです。その方たちのために早く達成したい気持ちはありました」

 先週19日にはJRAの女性騎手としては初となる1日2勝を上げ、最多勝記録に並びかけると、今週末に一気に抜き去った。「早く達成したい」という有言実行のスピード達成だ。

「デビューイヤーがJRAで6勝、2年目が14勝。そして今年早くも15勝目と、今や藤田騎手が勝利を上げることは特別なニュースではなくなったと思います。特に8月に入ってから、すでに4勝と調子は上がっていますし、この調子でいけば今年も勝ち星倍増となるかもしれません。

ただ、この記録は藤田騎手にとっても大きな節目であることは確かですが、それをわずか3年で達成した彼女からすれば『あくまで通過点』という思いが強いでしょうね。デビュー当初からずっと『女性騎手として特別視されたくない』と公言していますし、性別の括りに捕らわれず、男性の若手騎手に負けない向上心の持ち主だと評判です」(競馬記者)

JRA藤田菜七子「歴代最多勝達成」よりも嬉しい!? 武豊の「お墨付き」デビュー当初から抱える「悩み」解消?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話