NEW

ボートレースメモリアルいよいよ決着! 丸亀に強者集う

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボートレースメモリアルいよいよ決着! 丸亀に強者集うの画像1

 競艇SG夏の風物詩、第64回ボートレースメモリアルがボートレース丸亀(香川県丸亀市)で開催されている。8月25日、4日間にわたる予選レースが終了し、準優勝戦メンバーのベスト18が出揃った。

※なお、本来は21日~26日の開催予定であったが、23日は台風の影響により中止順延となり、27日に優勝戦が行われる。

 準優勝戦の展望に入る前に予選4日間を振り返っておこう。丸亀の水面は夏はおだやかなため1コースからのイン逃げが相当の確率で決まると思われていた。ところが、今節は初日から3日目まで強い追い風が吹き、レースは荒れに荒れた。一般に追い風はイン有利になるのが常識だが、かなり強い追い風だったためインがつぶされてしまうレースが目立った。

 イン逃げは初日こそ6本あったが、2日目と3日目は3本だけ。競艇SGとしては極端にインが弱かった。3~6コースのセンターからアウトの選手がまくり、まくり差しを連発した。3連単は万舟が当たり前という状況となり、1万円台はもとより、2万円台、3万円台、5万円台といった大穴がポンポン飛び出した。

 4日目に追い風がおさまるとイン逃げが7本決まり、一般的な競艇SGらしいレースが展開された。準優3個レースが行われる5日目(26日)、優勝戦が行われる最終日(27日)も、イン逃げが決まりやすい状況が続くと思われる。ただし、強い追い風が再び吹くようであればセンター、アウト勢に警戒が必要だ。

 では、準優3個レースを展望していく。

準優9R(締切18:45)

1号艇 笠原亮(4019、38歳・静岡)
2号艇 萩原秀人(4061、39歳・福井)
3号艇 西山貴浩(4371、31歳・福岡)
4号艇 峰竜太(4320、33歳・佐賀)
5号艇 片岡雅裕(4459、32歳・香川)
6号艇 湯川浩司(4044、38歳・大阪)

ボートレースメモリアルいよいよ決着! 丸亀に強者集うのページです。GJは、競輪・競艇、ボートレースメモリアル丸亀競艇の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!