NEW

JRA藤田菜七子に「秋華賞(G1)」挑戦プラン!? 秋華賞馬の娘マルーンエンブレムに調教師が示した「今後」

【この記事のキーワード】, ,
JRA藤田菜七子に「秋華賞(G1)」挑戦プラン!? 秋華賞馬の娘マルーンエンブレムに調教師が示した「今後」の画像1

 藤田菜七子騎手の勢いが止まらない。

 26日、新潟競馬場で行われた500万下(芝2000m)は、藤田菜七子騎乗のマルーンエンブレム(牝3歳、美浦・小島茂之厩舎)が勝利。2008年の秋華賞馬ブラックエンブレムを母に持つ良血馬が、今後に向けて大きな2勝目を上げた。

 15頭立てで行われたレースで、マルーンエンブレムはスタートでやや立ち遅れたものの、落ち着いて後方から。稍重で1000m通過が59.5秒という流れの中、前半は馬群の中でしっかりと折り合っていた。

「賢い馬なので今までの競馬を全部覚えていて、3角くらいから自分でハミを取っていきました」という鞍上の言葉通り、3コーナーに差し掛かった辺りから、前に行きたがる素振りを見せるマルーンエンブレム。

 しかし、ここ2走の福島ならいざ知らず、新潟の外回りコースではさすがに早過ぎるか。「(新潟コースの)外回りなので、我慢させながら4角で少しずつ外に出していきました」というコメントにある通り、勝負所まで上手く我慢させていたのは鞍上のファインプレーに他ならない。

「最後はいい脚を使ってくれました」

 最後の直線で大外に持ち出されたマルーンエンブレムは、待ってましたと言わんばかりにスパートを開始。メンバー最速となる上がり3ハロン34.1秒の末脚で豪快に差し切ると、最後は2着馬に1馬身1/4の差をつけてゴールした。

 これで通算4戦2勝としたマルーンエンブレム。貴重な2勝目を上げたことで、秋以降の展望が大きく広がったことは間違いない。今後次第では、母が制した秋華賞(G1)挑戦も見えてくるのではないだろうか。

JRA藤田菜七子に「秋華賞(G1)」挑戦プラン!? 秋華賞馬の娘マルーンエンブレムに調教師が示した「今後」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話