NEW

武豊マテラスカイ次走決定!「JBCスプリント制覇」へ前哨戦も楽勝?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊マテラスカイ次走決定!「JBCスプリント制覇」へ前哨戦も楽勝?の画像1

 近年、世界の強豪と張り合えるようになった日本生産馬だが、恐らく世界基準で判断すると、血統的にもレース体系的に見ても一番貧弱で、世界レベルに追いついていないのが、ダート短距離戦線だろう。

 そんな状況の中、唐突にも世界の強豪と相まみえ、より逞しくなって凱旋した一頭の馬に注目したい。マテラスカイ(牡4歳 栗東・森秀行厩舎)である。

 マテラスカイが、ドバイゴールデンシャヒーン(G1)に出走して初めてその名前を知った競馬ファンも多いのではないだろうか? 元々、1,000万下クラスで勝ちあがれずうろうろしていた馬だったが、年明けになって、1,000万下、1,600万下クラスを連勝した。

 とはいえ、オープンレースすら走ったことのない馬が、世界のダート短距離レースの最高峰の一つである、ドバイゴールデンシャヒーン(G1)に出走することは無謀とも思えた。

 だが、世界のトップスプリンターである前年の覇者マインドユアビスケッツやBCスプリント勝ち馬のロイエイチを相手に5着。まさに大健闘だ。

 ドバイゴールデンシャヒーンで大健闘したマテラスカイだが、その血統構成を眺めてみると合点がいく。父は米国産で、Mr.Prospector系種牡馬のSpeightstown。ダート短距離戦で16戦10勝、2004年のBCスプリント(GI)の勝ち馬。その父は、日本でもエーシンジェイワン(中央5勝)、モルトアレグロ(阪神ジュベナイルフィリーズ5着)、リエノテソーロ(全日本2歳優駿,スパーキングレディーC勝ち,NHKマイルC2着)、そしてマテラスカイと、小頭数ながらもダート・芝の1,200〜1,600m戦で高勝率を収める産駒たちを輩出している。母Mostaqelehも、Red God系のRahy、サンデーサイレンスの父であるHalo、Nijinskyと日本でもお馴染みの上流血脈を多数持っており、この父と母から生まれたマテラスカイは、まさに「ダートスプリント血脈の申し子」と言っていいだろう。

武豊マテラスカイ次走決定!「JBCスプリント制覇」へ前哨戦も楽勝?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!