NEW

さくらももこさん死去に『クレヨンしんちゃん』作者以来の衝撃……『ちびまる子ちゃん』で国民的知名度

【この記事のキーワード】

, ,

さくらももこさん死去に『クレヨンしんちゃん』作者以来の衝撃......『ちびまる子ちゃん』で国民的知名度の画像1

 漫画家のさくらももこさんが、乳がんでこの死去したとさくらプロダクションが伝えた。享年53歳。

 さくらプロダクションは27日、「さくらプロダクションからお知らせです。」と題し報告を載せた。さくらさんの現在までの様子が書かれている。


さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。さくらは1984年に漫画家としてデビュー。30周年を迎えた際、次のような言葉があります。「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。なお、通夜・告別式は、ご遺族の意向により親族・近親者のみにより執り行われました。

 あまりにも唐突な訃報。ネットでも「嘘だろ」「冗談にしか思えない」と、受け止めることができない様子が見て取れる。

 1990年に視聴率39.9%を打ち出した『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)はいまだ日曜アニメの顔だ。さくらさんも新作やエッセイなどを時折出していただけに、やはり訃報を受け止めるのは難しい。

 国民的アニメの原作者の突然の訃報というと、『クレヨンしんちゃん』で著名な臼井儀人さんを想起する人も多いようだ。09年に登山から帰らず、後日崖下から遺体となって発見された。当時の衝撃もまた、非常に大きなものだった。

 国民に愛される作品を残してくださったさくらさん。心からの感謝と、ご冥福をお祈りしたい。

さくらももこさん死去に『クレヨンしんちゃん』作者以来の衝撃……『ちびまる子ちゃん』で国民的知名度のページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!