NEW

パチンコ「敏腕」メーカー「甘デジ」分野で大暴れ? 「超ヒットシリーズ」に続くアノ大物!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「敏腕」メーカー「甘デジ」分野で大暴れ? 「超ヒットシリーズ」に続くアノ大物!?の画像1

 ぱちんこ・パチスロ両分野で快進撃を続ける老舗メーカー・平和。昨今は、業界初の新システムを搭載した『不二子 TYPE A+』『ルパン三世 世界解剖』など、パチスロばかりに注目が集まっていたが……。

 主戦場である「ぱちんこ分野」も負けていない。

 名機の一つに数えられる『綱取物語』は、役物系のいわゆる”一発台”として復活。16R(1290発)大当りが5回まで継続する仕様により、一撃獲得出玉「7000発オーバー」を実現した。さらに、その大当りには連チャン性能も存在。大量出玉も夢ではない爆発力を秘めたスペックとなっている。その人気の高さは、増産が決定するほどだ。

 一方で、萌えコンテンツでも定評がある同社は、人気シリーズ『戦国乙女』最新作をリリース予定。スペックは大当り確率1/319のV確ST機で、ST継続率は約64%と一般的な仕様。

 しかし、電チュー大当り時は70%の割合で16R(2400発)の獲得が可能と、一撃性能に長けたスペックが特徴的だ。シリーズ初の「2400発機」ということもあり、導入後の稼働が非常に楽しみである。

 そんな平和の「新台RUSH」が止まらない。小説・アニメで高い知名度を誇るアノ「現代版戦国シリーズ」が復活を遂げようとしている。

「2013年にリリースされた『百花繚乱』シリーズですね。今回はアニメも放送された『百花繚乱サムライブライド』で販売予定。スペックは前作を踏襲した大当り確率1/256の強ライトミドルで、確変ループタイプとなっています。

最大の特徴は右打ち中の出玉性能。ラウンド振り分けは3R~15Rまでと非常に細かく、1200発以上の割合は44%なんですよ。大当り確率を踏まえれば、非常に優秀です。そしてその内の35%が15R(2025発)となっているんです。一撃性は十分といえるでしょう。

また、スペック面だけではなく演出にも力が入っていて、ラウンド中の楽曲は全13曲、大当りするたびに結婚が近づく『俺の花嫁システム』も搭載するなど、ファン心をくすぐる要素が満載となっています。原作ファンも納得の仕上がりといえるでしょう」(記者)

 名作『綱取物語』に続き、同社を代表する「萌えコンテンツ」の参戦も控えている平和。2018年は”平和の年”と言っても大袈裟ではないが……。

パチンコ「敏腕」メーカー「甘デジ」分野で大暴れ? 「超ヒットシリーズ」に続くアノ大物!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!