NEW

JRAを「震撼」させたコスモバルク2世VS藤田菜七子「絶賛」の超大物が激突! 出世レース札幌2歳S(G3)に素質馬ズラリ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAを「震撼」させたコスモバルク2世VS藤田菜七子「絶賛」の超大物が激突! 出世レース札幌2歳S(G3)に素質馬ズラリの画像1

 9月1日に札幌競馬場で開催される札幌2歳S(G3)には、「例年以上のハイレベル」と土曜開催の重賞としては異例の注目を集めている。

 昨年、ロックディスタウンがここを勝って阪神ジュベナイルF(G1)で1番人気に支持されたことを始め、ここ10年でもレッツゴードンキやロゴタイプ、ゴールドシップといったクラシックホースを輩出。ビワハイジやニシノフラワーらが勝った1200m時代からの出世レースとして知られている。

 そんな札幌2歳Sに、今年も来年のクラシックを見据えた素質馬が集結。中でもデビュー戦をレコード勝ちしたウィクトーリア(牝2歳、美浦・小島茂之厩舎)は、一際熱い視線を集めているようだ。

 函館芝1800mの2歳レコードを1.4秒も更新したデビュー戦は、まさに圧巻の内容だった。スタートから楽にハナに立つと、レースの主導権を掌握。最後は馬なりのまま後続に3馬身差をつける楽勝劇で、大きなスケールを感じさせる勝ちっぷりだ。

「函館入りした際に熱発があって、最終追い切りでもモタモタ……小島先生も『追い切りが1本足りない』と危惧していたんですが、この内容ですからね。母は秋華賞馬のブラックエンブレムと血統もしっかりしていますし、これはいよいよ母から”当たり”が出たかと関係者の間でも話題になっています。

また、1週前追い切りでは姉のマルーンエンブレムの主戦を務める藤田菜七子騎手が騎乗。『速いところに行くと、すごく体の使い方がいい』と、2歳馬離れした動きを絶賛した様子でした。軽めの追い切りながら3頭併せ馬で最先着していますし、新馬戦からさらに良くなっているのは間違いないですね」(競馬記者)

JRAを「震撼」させたコスモバルク2世VS藤田菜七子「絶賛」の超大物が激突! 出世レース札幌2歳S(G3)に素質馬ズラリのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!