NEW

JRA「ダービー大激走」アノ馬にデムーロ白羽の矢……菊花賞に向け、豪華トライアルに挑む

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「ダービー大激走」アノ馬にデムーロ白羽の矢......菊花賞に向け、豪華トライアルに挑むの画像1

 9月23日に開催される菊花賞トライアル・神戸新聞杯(G2)に、今年の日本ダービー(G1)で4着と奮闘したエタリオウ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が参戦する。鞍上はM.デムーロ騎手が務める予定だという。

 エタリオウは青葉賞(G2)で2着に入線し、ダービーへの優先出場権を獲得。ダービーでは13番人気と支持を得られなかったエタリオウだが、レースでは後方グループで脚をためると最後の直線で馬群をかき分けるかのように進出。上がり2位の33.5秒の末脚で先頭集団に襲いかかり、勝ち馬ワグネリアンとは0.2秒差、また3着のコズミックフォースとはタイム差ナシのハナ差の4着と健闘。誰もが予想しない走りを見せてくれた。

「エタリオウはこれまで7走して、そのうち芝2400mのレースには4回も出走しています。管理する友道調教師も早くからエタリオウの菊花賞参戦を視野に入れていたようですし、陣営は同馬に中距離から長距離をこなすことができる適性があると考えているのでしょう。神戸新聞杯を経て、最後の1冠を目指すのは当初からの予定通りなのではないでしょうか。

 また鞍上がH.ボウマン騎手からデムーロ騎手に変更となりましたが、デムーロ騎手は昨年の菊花賞をキセキで制するなど長距離重賞でも実績は十分。このタッグは注目を集めるのは間違いないです」(競馬誌ライター)

 菊を見据えつつ神戸新聞杯で始動することを決めたエタリオウ。9月末に開催されるこのレースは、春のクラシックを走った若駒たちが秋の始動戦に持ってくることも多い。そのため、今年も素質馬がズラリと顔をそろえると見られている。

JRA「ダービー大激走」アノ馬にデムーロ白羽の矢……菊花賞に向け、豪華トライアルに挑むのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!