NEW

JRAを席巻モレイラ帰国「複勝率87.0%」衝撃の1カ月。合格確定?のJRA試験に競馬界の大御所から苦言も……

【この記事のキーワード】

, ,

JRAを席巻モレイラ帰国「複勝率87.0%」衝撃の1カ月。合格確定?のJRA試験に競馬界の大御所から苦言も......の画像1

 まさにマジックマンの呼び名に相応しい活躍だったと言えるだろう。この夏の札幌開催は、やはりモレイラの独壇場だった。

 モレイラは昨年に続きJRA(日本中央競馬会)の短期免許を取得して来日。7月28日から先週のキーンランドカップ(G3)まで、わずか1カ月の滞在で31勝(JRA)を記録。騎手リーディングは一気に25位まで浮上した。その勝率は41.3%、連対率52.0%、複勝率62.7%という数字だから驚きを通り越して呆れてしまうほど。

 現在日本の騎手リーディング1位はルメールだが、そのルメールですら勝率は24.7%、連対率42.5%、複勝率55.1%。日本人トップの戸崎騎手は勝率は12.7%、連対率27.5%、複勝率39.9%だから比較にならない。もちろん騎乗馬の多くが1~2番人気ということもあるが、それでも1番人気の勝率45.9%、連対率56.8%。複勝率59.5%、2番人気の勝率56.5%、連対率73.9%。複勝率87.0%は異常にも感じる成績。

 実力がなければこれほどの騎乗依頼を集められるわけがなく、能力と実績を踏まえた成績と言えるだろう。そして最終日には、重賞のキーンランドカップ(G3)を、初騎乗となるナックビーナスで快勝。意外にも日本国内で初の重賞制覇を達成と、実績を考えれば遅すぎた感もあるが、それもご愛嬌と言えよう。

 圧巻だったのはワールドオールスタージョッキーズ第3戦で騎乗したエンクエントロスだ。先行有利の馬場、スロー気味の流れを読み切り、向こう正面からまくり気味に上がっていき、断然人気の武豊騎乗フリーフリッカーと第4コーナーから叩き合い、見事に競り落として快勝。2016年11月を最後に23連敗中だった同馬に久々の勝利を届けた。

「あの位置から上がっていって、直線でさらにもう一伸びさせる技術は他の騎手と全然違う」

 とその内容を絶賛する声が相次いだ。モレイラの1カ月の成績をまとめると以下のようになる。

■2018年モレイラのJRA成績

騎乗期間:7/28~8/26

騎乗回数:75回

勝利数:31勝

勝率:41.3%

連対率:52.0%

複勝率:62.7%

1番人気成績:17.4.1.15

2番人気成績:13.4.3.3

3~18番人気成績:2.0.3.10

JRAを席巻モレイラ帰国「複勝率87.0%」衝撃の1カ月。合格確定?のJRA試験に競馬界の大御所から苦言も……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!