NEW

JRA横山典弘「藤沢和雄と電撃和解」!? 「約5年ぶり」コンビ結成で「コディーノ事件」雪解けか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA横山典弘「藤沢和雄と電撃和解」!? 「約5年ぶり」コンビ結成で「コディーノ事件」雪解けかの画像1

 今週末に札幌競馬場で開催されるすずらん賞。この2歳限定の芝1200m戦が、今いつになく注目を集めている。それはここで、競馬界で長らくウワサされる”遺恨”がひとつ解消された可能性があるからだ。

「すずらん賞には、地方から藤沢和雄厩舎に転厩し、クローバー賞(OP)でも3着と好走した素質馬クラヴィスオレアが出走を予定しています。今回も勝ち負けするほどの力を秘めていると評価を受けているのですが、その鞍上を横山典弘騎手が務めるんです。

 藤沢調教師と横山典騎手は、一時は昵懇の仲として知られていましたが、2013年に日本ダービー(G1)へ出走した”コディーノの鞍上”を巡ってゴタゴタが起こり、それ以後は絶縁したといわれていました。このコンビの復活は競馬界にとっても大きな意味を持つはずです」(競馬誌ライター)

 そのきっかけとなったコディーノは、初戦から横山典騎手とコンビを結成。デビューから3連勝を飾り、さらに朝日杯フューチュリティステークス(G1)2着、皐月賞(G1)3着と大舞台でも好成績を残していた。このままダービーでもこのタッグは継続するものと見られていたが、その時にコディーノの背中には横山典騎手ではなく、C.ウィリアムズ騎手が騎乗していた。

「横山典騎手が『NHKマイルC』後のイベントで『ダービーはコディーノで頑張ります!』と宣言していたこともあり、この乗り替わりは大きな驚きを持って迎えられました。

 ふたりはコディーノの才能を高く評価しており、『3冠も夢ではない』と口にすることもあったそうです。そして二人三脚で育てていこうと決め、新馬戦から3戦すべて1800mで使いつつ、日本ダービーに向かうローテーションを組むなどしていたようです。ダービーを目標にしているのならば、1800mから2000mなど徐々に距離を伸ばしていくのが定石だったからです」(競馬記者)

JRA横山典弘「藤沢和雄と電撃和解」!? 「約5年ぶり」コンビ結成で「コディーノ事件」雪解けかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事