NEW

「設定付きパチンコ」演出の”確認だけ”で勝率「90%」!? 最高設定を逃さない超・簡単「判別方法」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「設定付きパチンコ」演出の確認だけで勝率「90%」!? 最高設定を逃さない超・簡単「判別方法」とはの画像1

 約20年ぶりの復活を遂げた「設定搭載」パチンコ。その新鋭たちが、8月20日からデビューを飾っている。

 まず、初陣を切ったのは高尾の『P弾球黙示録カイジHIGH&LOW ざわっ…Ver.』。旧基準機ではさまざまな意味で話題を呼んだわけだが、本作にも小当りRUSHを搭載している。「設定と小当り」がどのような効果をもたらすのか、気になるところである。

 それと同時に、同じく高尾から『P学園黙示録ハイスクールオブザデッド 毒島Ver.』もデビュー。スペックは前作を踏襲した確変リミッタータイプとなっている。高い人気を誇るアニメコンテンツと設定パチンコの”相乗効果”に胸をふくらませるファンは多い。

 そのなかでも注目されている設定パチンコといえば、やはりアレしかないだろう。新規則機初の「6段階設定」を搭載し、導入直後から類まれな出玉性能を発揮中。

 出玉率は最高設定で「120%オーバー」であることが有力視され、なかには一撃3万発オーバーを達成した”猛者”もいるようだ。「安定感と爆発力」を兼ね備えた”神スペック”として、早くも熱視線を浴びている。

『Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴ』(SANKYO)

「設定付きパチンコ」演出の確認だけで勝率「90%」!? 最高設定を逃さない超・簡単「判別方法」とはの画像2SANKYO HP」より

■大当り確率:1/159.8(1/50)~1/119.2(1/37.2)
■ラウンド数:10R or 6R or 4R
■大当り出玉:360個 or 216個or 144個
■確変突入率:100%(転落確率1/773)
■リミット:16回
■時短回数:1回 or 9回 or 18回 or 100回or 100回+a
■賞球数:4&1&4&3&6

 前作の確変・リミッタースペックに、今回新たに「転落抽選」が追加された新規則『ヴァルヴレイヴ』。さらに複雑な仕様になったことは間違いないが、転落確率は1/773と非常に重く、前作と同様に楽しむことが可能だ。

「設定付きパチンコ」演出の”確認だけ”で勝率「90%」!? 最高設定を逃さない超・簡単「判別方法」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!