NEW

大手サミー「6号機」に動き!? パチスロ「爆裂AT」名作の復活を予期する声

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大手サミー「6号機」に動き!? パチスロ「爆裂AT」名作の復活を予期する声の画像1

 パチスロ新規則「6号機」の第1号として検定を通過した『HEY!鏡』(大都技研)の公式ページが公開。登場を待ちわびているファンからは、歓喜の声が上がっている。

 事前の情報通り純増約5.0枚のATを実現。AT「慶志郎チャンス」と高確率ゾーン「ドライブゾーン」がループする新システム「慶志郎ループ」へ熱視線が注がれている状況だ。

「以前から本機のスペックに関するウワサは飛び交っていましたが、正式発表されたことによって本格的に盛り上がってきました。第1号にして、予想を超えるシステムを出してきたという感じですね。

半信半疑だった方も『6号機の可能性』を感じられる仕上がりと言えるのではないでしょうか。本当に導入が楽しみですね。今後へ繋がる反響を得て欲しいと思います」(パチスロライター)

 ついに動き出したパチスロ6号機。『HEY!鏡』だけではなく、他メーカーに関する情報も目立つようになってきている。

 京楽産業の『Sパチスロゲッターロボ』や、SANYOの『Sパロットブルーハワイ』が検定を通過。他メーカーからも適合や開発の噂が徐々に出てきており、ユーザーの注目は確実に高まっている状況だが......。

 あの超ヒットメーカーにも"動き"が?「高純増AT機の適合」という声も上がる、業界大手サミーに関する「6号機」情報が話題だ。

「すでにセガゲームスから配信されているオンラインカードバトルRPG『チェインクロニクル』とのタイアップ機が検定を通過しています。パチスロユーザーにとっては馴染みの薄いコンテンツということで、さまざまな反応が出ています。もちろん、トップメーカーの手腕に期待する声も上がっていますけどね。

ただ、やはり多くのユーザーが求めているのは、かつてホールを鉄火場にした『獣王』や『アラジン』のような"爆裂AT機"の復活のようです。これら人気作品は間違いなく6号機で発売されると思いますが、少しでも早く見たいと考えるのも自然でしょう。そのような意味でも、サミーへの注目度は高いわけですが......。

大手サミー「6号機」に動き!? パチスロ「爆裂AT」名作の復活を予期する声のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、6号機HEY!鏡パチスロの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!