NEW

JRA新潟記念(G3)ブラストワンピース異例ローテ「真相」を関係者が語る。530kg超えの「特殊体質」と競馬の常識を覆す天栄マジック

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA新潟記念(G3)ブラストワンピース異例ローテ「真相」を関係者が語る。530kg超えの「特殊体質」と競馬の常識を覆す天栄マジックの画像1

 2日に新潟競馬場で開催される新潟記念(G3)。今年の注目はなんといっても3歳馬のブラストワンピース(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)の「異例のローテーション」だ。

 秋の菊花賞(G1)を目指して、セントライト記念(G2)や神戸新聞杯(G2)ではなく、より間隔の開く新潟記念からの始動。

 秋を見据えて夏の重賞を使ってくる3歳馬は少なくはないが、日本ダービー(G1)で2番人気に支持されるほどの「大器」となると前例は限られてくる。ファンの間でも、この異質のローテーションに疑問や懸念を抱く声が後を絶たない状況だ。

 一体何故、ブラストワンピースは王道トライアルを避けたのだろうか。

「1つは、本馬のオーナーとなるシルクレーシングの方針によるものです。競馬界の最大手・社台グループは、本クラブの他にも社台レースホースやサンデーレーシング、キャロットクラブなど、数多くの有力一口馬主クラブを運営しています。それらに所属する有力馬の競合を避ける傾向は、近年特に強まっていますね。

ただ、そうやって人為的な理由で使い分けても走るのは馬。『結果』が出なければ本末転倒です。しかし、シルクの場合、そういった変則ローテになっても、しっかりと結果を残しています。特にノーザンファーム天栄で調整を行なう馬は、その傾向が顕著に出ています」(クラブ関係者)

 その最もたる例が春の2冠を制し、この秋に牝馬3冠が懸かるアーモンドアイの存在だろう。

JRA新潟記念(G3)ブラストワンピース異例ローテ「真相」を関係者が語る。530kg超えの「特殊体質」と競馬の常識を覆す天栄マジックのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!