NEW

JRA戸崎圭太騎手「8月4勝」の大不振! リーディング争いC.ルメール騎手と「50勝差」に目標見失い......

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA戸崎圭太騎手「8月4勝」の大不振! リーディング争いC.ルメール騎手と「50勝差」に目標見失い......の画像1

"鬼"のいぬ間の絶好の稼ぎ時も、不発に終わった。

 1日、新潟競馬場に参戦した戸崎圭太騎手だったが、再三の有力馬の騎乗機会があったものの、結果はわずか1勝......至上命題のリーディング争いどころか、深刻なスランプに陥っている。

 この日、戸崎騎手は2Rから11鞍に騎乗。単勝1.4倍のレヴァンテを始め、5度の1番人気、3度の2番人気、4番人気を下回ったのがわずか1度という豪華ラインナップに騎乗しながらもが1勝、2着1回3着2回という散々な成績に終わった。

「夏の戸崎」は一体、どこへ行ってしまったのか......。2013年のJRA移籍以降、3年連続リーディングを獲得するなど、毎年のようにリーディング争いを繰り広げてきた戸崎圭太。その原動力となっていたのが、昨年39勝、一昨年33勝と荒稼ぎしていた7、8月にわたる夏競馬シーズンだった。

 ところが今年は、この2カ月間で16勝と半減。特に8月は、わずか4勝と極めて深刻な状態だ。

 課題のリーディング争いでも125勝(9月1日現在)を上げ、首位を快走するC.ルメール騎手に大きく水を開けられる75勝。英国遠征中の川田将雅騎手をかわして3位に浮上したものの、逆に福永祐一騎手や田辺裕信騎手らに追い上げを受けている。

「今年は8月に入った時点でJRA通算896勝と、節目の900勝が目前に迫っていた戸崎騎手でしたが、まさかあんなに時間が掛かってしまうとは......。本人は表彰式で『記録は特に意識していなかった』と言っていましたが、関係者によると大井時代の大先輩にあたる的場文男騎手の7152勝・日本記録達成に華を添えたかったが、間に合わないとは思わなかったとか......。

JRA戸崎圭太騎手「8月4勝」の大不振! リーディング争いC.ルメール騎手と「50勝差」に目標見失い......のページです。GJは、競馬、JRAリーディングルメール戸崎圭太の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!