NEW

JRA福永祐一騎手「ドン詰まり」惨敗に批判殺到……抜群のスタートから中団に下げ、最後の直線で詰まる「逆神騎乗」にファン悲鳴

【この記事のキーワード】, ,
JRA福永祐一騎手「ドン詰まり」惨敗に批判殺到......抜群のスタートから中団に下げ、最後の直線で詰まる「逆神騎乗」にファン悲鳴の画像1

 1日に行われた新潟競馬場のメイン長岡S(1600万下、芝1600m)は、8番人気のキョウワゼノビアがアタマ差の接戦を制して通算5勝目。実りの秋に向け、待望のオープン入りを果たした。

 その一方で、単勝3.2倍の2番人気に推されながらも、不本意な競馬で6着に敗れたのが福永祐一騎乗のレッドオルガ(牝4歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。

 リディルやクラレント、レッドアリオン、サトノルパンといった重賞ウイナーを兄弟に持つレッドオルガは、それらを産んだ名牝エリモピクシーの仔だ。本馬が所属する東京ホースレーシングの公式HPのコラムでは、エリモピクシーが一昨年に亡くなって2度目の秋が訪れるとして「ピクシーの秋」と銘打ち、長岡Sに出走する本馬に期待を寄せている。

 しかし、そんなエールも空しく長岡Sのレッドオルガと福永騎手は終始空回りしたような内容に終わった。

「ポンと3番レッドオルガが好スタートを切りました」と、実況に名を挙げられるほど抜群のスタートを切った本馬。2走前は同じマイル戦の1600万下を2番手から快勝しており、降級後の前走も同じく2番手から3着に粘っている。『スポニチ』の展開予想にも「押し出されるようにレッドオルガがハナか」と予想されていただけに、今回も前々で競馬するかと思いきや、手綱を引っ張って中団に下げる福永騎手……。

 そのまま中団で最後の直線を迎えたが、今度は前の馬が捌けずに行き場を見つけられず、不完全燃焼のままゴールした。

 いわゆる「ドン詰まり」での6着は、デビュー戦で5着に負けて以来、最低の着順。デビュー戦後、4勝3着3回と7戦連続で馬券圏内を確保していたが、ここで途切れることとなってしまった。

JRA福永祐一騎手「ドン詰まり」惨敗に批判殺到……抜群のスタートから中団に下げ、最後の直線で詰まる「逆神騎乗」にファン悲鳴のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか