NEW

JRA戸崎圭太「人気馬と大喧嘩」惨敗......平場も重賞もいいとこなしで寒々しい夏終了

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA戸崎圭太「人気馬と大喧嘩」惨敗......平場も重賞もいいとこなしで寒々しい夏終了の画像1

 2日に開催された新潟記念(G3)。サマー2000シリーズ最終戦は、ブラストワンピースが最後の直線で大外に出されると上がり最速33.5秒の末脚を繰り出し、ライバルたちをごぼう抜きにして快勝。単勝1.8倍のダントツ1番人気に見事応えてみせた。

 今回を圧勝し、秋の目標としている菊花賞(G1)に向けてはずみをつけることができたブラストワンピース。ビッグタイトル獲得も視野に入ってきたが、その一方で失意に暮れているのは、戸崎圭太騎手が騎乗して2番人気に支持されたグリュイエール(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。

 向正面、中団前で先頭集団を追走していたグリュイエール。だが、時折折り合いを欠いているようにも見え、さらに3角での動き出しも遅く、最後の直線の入り口でも好位置キープに失敗。直線では前の馬に進路を防がれてしまう形になってしまい、それをさばくことができず、10着に終わっている。

 レース後、戸崎騎手は道中が苦しかったと語り、「折り合いも欠いたし、(最後の直線で)前もカットされて、この馬の競馬ができなかった」と敗戦を振り返った。

「やることなすこと裏目に出てしまい、後手後手に回るという競馬でした。グリュイエールは、今年の4月に約2年ぶりの出走となった復帰戦を快勝。続くエプソムC(G3)でも3着と好走していました。

陣営としては新潟記念で好走し、いい形で秋の重賞戦線に臨みたいと考えていたはず。戸崎騎手はテン乗りでしたが、まさかここまで惨敗するとは誰も想像していなかったでしょうね。陣営はローテの組み直しなどの必要に迫られているかもしれません」(競馬記者)

JRA戸崎圭太「人気馬と大喧嘩」惨敗......平場も重賞もいいとこなしで寒々しい夏終了のページです。GJは、競馬、グリュイエールブラストワンピース戸崎圭太の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!