NEW

JRAハーツクライ産駒が「米ダートG1制覇」の衝撃......すでに「種牡馬入り濃厚」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAハーツクライ産駒が「米ダートG1制覇」の衝撃......すでに「種牡馬入り濃厚」の画像1

 9月1日、米サラトガ競馬場でウッドワードS(G1、ダート1800メートル)が行われ、ヨシダ(牡4歳、米・W.モット厩舎)が優勝。同馬は今年5月チャーチルダウンズのターフクラシックS(G1、芝1800メートル)に続きG1は2勝目。ウッドワードSは初ダートだったが、日本生産馬(ノーザンファーム生産)による米ダートG1制覇は史上初という快挙となった。

 1番人気は前走を圧勝しG1好走歴もある4歳牡馬ガンナヴェラ(Gunnevera)、2番人気は昨年ダートG1を優勝しているシーキングザソウル(Seeking the Soul)。ヨシダはこの2頭に続く3番人気。最内枠からスタートしたJ.ロザリオ騎手のヨシダは中団後方の内々を進み、3~4角にかけて徐々に外に進出。直線では大外から前方馬群を一気に差し切り優勝。2着ガンナヴェラに2馬身差をつけた。

 日本のSNSでも「アメリカのダート合ってるのか」「芝ダート兼用は凄いわ」「歴代の勝ち馬見たら名馬ばかり」「さすが日本国内で唯一ディープインパクトを倒した馬の産駒だな」「種牡馬になって産駒は走るよ。サンデーの最大後継の1頭だ」などなど、かなり興奮気味。

 ヨシダはこの勝利により11月3日チャーチルダウンズで行われるBCクラシック(G1、ダート2000メートル)の有力候補の1頭になった。昨年のウッドワードSはガンランナーが勝利。同馬は続くBCクラシック、ペガサスワールドC(G1、ダート1800メートル)を勝利している。ヨシダがBCクラシックに出走すれば大いに期待したい。

 ヨシダはデビュー前から日本の競馬ファンにもおなじみだった競走馬。父はハーツクライ、母はバレリーナS(米G1)など重賞を5勝したヒルダズパッション。ヒルダズパッションはノーザンファーム代表吉田勝巳氏が2011年に米国のセールで購入、ノーザンファームで繁殖入りした。2015年のセレクトセール1歳部門に上場されたヒルダズパッションの2番仔(ヨシダ)は、米ジョン・マコーマック・ブラッドストックにより9400万円で落札された。

 その後、馬名がYoshida(ヨシダ)に決まったことでも話題になった。もちろん吉田勝巳氏の「ヨシダ」であり、社台ファームの創始者である吉田善哉氏および社台グループ全体を象徴する「ヨシダ」でもある。

JRAハーツクライ産駒が「米ダートG1制覇」の衝撃......すでに「種牡馬入り濃厚」のページです。GJは、競馬、ハーツクライヨシダ吉田勝巳の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!