NEW

吉岡里帆は戦犯じゃない!? 生活保護受給者をかばう職員と視聴率低迷『健康で文化的な最低限度の生活』レビュー

【この記事のキーワード】

, ,

吉岡里帆は戦犯じゃない!? 生活保護受給者をかばう職員と視聴率低迷『健康で文化的な最低限度の生活』レビューの画像1

「健康で文化的な最低限度の生活」第8回。このドラマ、視聴率が悪いわりには、ネットの記事でよく取りあげられているような気がするのは気のせいだろうか? 「デイリー新潮」では、このドラマの視聴率が悪いのは、不正受給、暴力団の関与、生活保護ビジネスなど、生活保護のより深刻な問題を取りあげないからだ、なんて記事が出ていた。たしかに生活保護にはもっとダークな部分がたくさんあるのだろうが、そういった部分を取りあげていたら視聴率は今よりもよかったのだろうか? このドラマは、生活保護受給者のことを悪者にはしない、というスタンスで作られているように思われる。ドラマとしてはそれはやはり正しかったように思うのだが、それが数字に結びついていないのは寂しい限りである。

 さて、いつの間にかドラマの舞台は2019年になり、義経えみる(吉岡里帆)はケースワーカーとして2年目を迎えている。今回のテーマはアルコール依存。えみるが担当する赤嶺岳人(音尾琢真)は、急性膵炎になり、病院に運び込まれるが、自身がアルコール依存症であることを認めようとしない。これはアルコール依存症患者によくあることで、この病気は「否認の病」であるとも言われるように、本人は自分は病気ではない。酒をやめようと思えばいつでもやめられると思っている。しかし、本人が認めないうちに、確実に一日たりとも酒を飲まずにいられない状態になっているだけでなく、アルコールによって身体がむしばまれているのである。

 えみるは赤嶺をアルコール依存症専門病院に入院させるが、赤嶺は「義経さんい言われて仕方なく来ただけで」と不満をぶつける。悩むえみるをプリンをきっかけに会議室に呼び出すのは、いつも生活保護受給者に対して、投げやりな発言ばかりしている石橋五郎(内場勝典)。その石橋がいつもと違った様子で話しだしたのは、かつて担当したアルコール依存症患者に死なれてしまったという出来事。「それ以降私は利用者に感情移入をするのをやめました。そうしたほうが自分の心が保てるんです」と言いながら、「でも義経さんにはできるんちゃいますか。そんな人にも健康で文化的な最低限度の生活を保証し、救ってあげることが」と、自分が断念してしまった思いをえみるに託すようなことを言うのだった。

 赤嶺が退院すると、えみるは同僚と一緒に赤嶺の酒ビンで散らかった部屋を片付ける。もう一度きちんと仕事をして、もうずっと会っていない娘に会いたいと、心に決めた赤嶺を、えみるは自助グループに連れていく。

【続きはエンタMEGAで】

吉岡里帆は戦犯じゃない!? 生活保護受給者をかばう職員と視聴率低迷『健康で文化的な最低限度の生活』レビューのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!